上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況報告です。だらだら書きます。

もう先々週の話になるんですが、炊飯器買いました。

実家を出て一人暮らしを始めてから十数年、
弁当を持っていかなきゃなんない職場に勤めて十年。
テキトーな鍋をコンロにかけて炊飯してきたわけなんですが、
不精者のワタクシにはじゃっかんめんどくさいのです。

当初はガスコンロだったから炊飯器よりは鍋で炊く方が圧倒的にうまいというメリットが、
めんどくさいというデメリットを凌いでいたわけなんですが、
前任地で新築のオール電化住宅に引っ越したらガラストップの電熱器になり、
ゴトクがないと格段に面倒が減ることに味をしめて、
現任地に来たときにはIHのコンロにしてしまいました。

メリットがそれほどでもなくなったように思えたので、
炊飯器を買おうかなぁ……
と思ったのが、こちらに転勤してきてすぐの話。

それから3年弱、
「炊飯器って、使い終わったら棚にしまえるフツーの鍋よりスペースを占有するし、
買いに出かけたり選んだりするのがめんどくさいし。」
という不精な理由で購入を見送ってきたのですが、
とくにこれといった理由もなく、先々週に仕事で最寄市(仮名)に行ったついでに、
テキトーな電器店にふらっと入って買ってきてしまいました。

あと2ヶ月待てば、ウチの職場でも給食がはじまって弁当生活から脱せるというのに、謎の行動でした。

さて、さっそく「標準コース」とやらで炊飯してみたのですが、
米飯って、こんなに味気ないものだったけ? という
残念な結果でした。

アサヒカワに住んでいたころ、ときどき行っていた喫茶店のライスがこんな感じだったのを思い出しました。
他のメニューはとくにまずいというわけでもないのに、ライスだけまったくもって味気ないのが謎でした。
この日、その謎がとけた気がしました。

しかし、購入した炊飯器には、標準コースの他に、高速コースと、ちょっと時間がかかるけどおいしく炊けるコースがありました。
次に炊くときは、こっちを試してみよう、と思いました。

翌日、昼食のちょっと前くらいの時間帯にショクインシツで仕事してたら、
家庭科のセンセイが入ってきてキョートーセンセイに

「調理実習中に、S君が炊飯器を落として壊しました。」

って報告しまして、居合わせたセンセイ達みんな、一斉に吹きました。
炊飯器を落とすってのも謎ですが、やっちまったセイトの名前を聞いてどのセンセイも納得してました。

ひととおり検分して、これは修理不可能、買い換えるしかないけど、予算は出るのかなぁ、という話になり、
キョートーセンセイ(※男性だが性格はナニワのオバチャン。よくアメちゃんくれる。)が

「炊飯器は値段によって味が全然違うからなぁ……。」

みたいなことを言っていたので、ふと気になって具体的な価格を尋ねてみましたら、

「5~6万くらいからならおいしいかなぁ。安い炊飯器とは全然違うよ。
ゼイタクなようだけど、毎日食べるものだからそれくらい出してもおいしく炊けるやつの方がいいよ。
まあ、ガッコーでそんな値段のは買えないけどね。」

とのことでした。

「そーなんですか。ワタクシ昨日、8千5百円で炊飯器買ったんですけど、味がしませんでした。
安いせいだったのか~。」

と、がっかりしてたら、キョートーセンセイが

「その値段なら、さっき言った『安い炊飯器』にも引っかからないよ。ヒトケタ違うって。
おいしいとかまずいとか以前。ただ米が炊けるだけ。

と追討ちをかけてくださりました。

「あー、でも、標準コースの他に、時間かかるけどおいしく炊けるってコースがあるようなんで、試してみます。」

と言ったら、キョートーセンセイは、無言で哀れむような微笑を浮かべてくれました。

その後、標準コースで炊いた米を食べきったあと、時間がかかるけどおいしいというコースをためしてみました。

今度は、味気ないを通り越して、はっきりまずかったです。

まあ、味はそのうち慣れるでしょう。
あと2ヶ月待てば弁当持っていかなくて良くなるから炊飯の機会は減りますし、
炊いた釜を洗うのが簡単になりましたし、
うまい米飯を食べたいときは鍋で炊けばいいだけです。
たいした問題じゃありません。

それにしても、なんだってこのタイミングでガッコーの炊飯器壊れるかなぁ。
この話聞いたのがこの前日だったら、炊飯器買うの見送ったのに……orz
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bymboli.blog103.fc2.com/tb.php/358-c147f42f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。