上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のブカツは町内のショーガッコ―に行って、ショーチューゴードーで練習しました。

ところが、ショーガッコ―は町内中の虫を一堂に集めたような立地です。

チューガッコ―も、グランドで部活やってるといいだけ虫に刺されまして、
スリークォーターパンツに通常の靴下だと絶対領域(異議は認めない)が大変なことになるんですが、
ショーガッコ―に比べればなんてこともありません。

チューガッコ―の○ッカーブインによれば、
「(現住所)町内で一番、虫の多いところがショーガッコ―」
なんだそうです。

そんなわけで、自分でプレイするわけでもないのに、○ッカーソックスを購入してしまいました。
ハッカ油スプレーと併用します。
長ズボンと違ってスリークォーターパンツなら風は入るし、○ッカーソックスのおかげで虫刺されは防げるし、とても快適です。

本日のブカツ開始時の主顧問のありがたいお話。

「幾狭センセイの靴下を見ろ! やる気満々だ! 見習え!!」

……いやいやセンセイ、ワタクシ自分でプレイする気はありませんから。

「ほんとだ! サッ○ーソックスだ!!」
「レガース貸しますよ!!」

……いやいやセイト、お前ら素直すぎだよ。


今日は(きたほっかいど的には)たいへん暑かったんで、セイトたちバテバテです。

たぶん、この子たち今時期の甲子園球場に行ったら全員即刻ぱったり倒れます。
それは、根性の問題とかそういうものではありません。地域制です。
もし氷点下30度の日に試合したら、高校球児に勝てるんじゃないかと思います。(○ッカー部だけど)

ワタクシ、会計と傷病人の世話が何より苦手なんですが、技術指導できないブカツだとそういう役回りがどうしても回ってきます。
ワタクシに世話されるセイト、なかなかかわいそうです。
なぜならワタクシは、人の痛みのわからない人だからです。
兼好法師には絶対友達にしてもらえないタイプです。

そんなこんなで、練習試合の交代要員にセンセイ方も参加してましたが、それでも足りないらしく、チューガクセーが主顧問に

「幾狭センセイいますよ、幾狭センセイ!」

と、入れ知恵する囁き声が聞こえてきます。

勘弁してくれ、ワタクシ膝やったばっかりなんだからさ。

そこにきてウチの主顧問、本来のポジションがゴールキーパーなのに、彼より先輩のゴールキーパーのセンセイがいた関係でフィールドプレーヤーをやらざるを得なくなりました。

「僕、もって5分ですよ! 幾狭センセイ、そのあとお願いします!」

「いやワタクシはもって3分ですよ。」

「苦しくなったら交代の合図出しますから!」

「華麗にスルーします。」


そんな伏線があって始まった試合、5分後にホントに主顧問が交代の合図をしてきやがりましたが、
ワタクシもホントに華麗にスルーしやがりました。

っていうか、熱中症の子のめんどう見てるところだっつーの!


熱中症の子を木陰に連れて行くという言い訳のもとに自分も涼んでいたら、けっこう大きめの虫が飛んできてワタクシの首にぶつかりました。
反射的に叩き潰した瞬間に、えもいわれぬ悪臭。

「やべえ。今つぶした虫、カメムシだ。臭い的に。」

思わず口走ったら、具合悪いはずの子が笑ってました。
恐るべし、カメムシパワー。

しかし、臭いはすれども姿は見えず、たぶんカメムシだけど確証はない状態で、試合は続きます。

ときどき主顧問が交代の合図を出してきますが、華麗にスルー。

っていうか、今、吐いちゃった子のご家庭に連絡して迎えにきてもらうところですから。

そんなアビキョーカンの練習試合もなんとか終わり、
汗だくついでに夕涼みがてら、1時間くらいサイクリングもできました。

風呂あがりにビール飲みながら洗濯機を回しまして、
洗いあがったから干そうとしてネットからブラジャーを出したら、

ぽとっ

と、なんか固い音とともになんか鮮やかな緑色の物体が落ちました。

かがみこんでよく見たら。

……………………


カ~メ~ム~シ~~~~!!!



なんか手ごたえあったのに姿が見えねぇと思ったら、我が巨乳(←大胸筋説あり)の間で大往生かよ!

カメムシの冥福を祈りつつ、干しかけてた洗濯物もういっかい全部洗濯機に叩き込んで洗いなおしましたです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bymboli.blog103.fc2.com/tb.php/343-f1cbe5fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。