上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬に会うのがメインの旅行でしたが、合奏も趣味ですんで「浜松まで来たらやはり楽器博物館を見たい」と思い、最終日に立ち寄りました。
とはいえ、独立した建物でなくて、ビルの2フロア分の展示でしたんで、午前中にちょこっと寄って、見終わったら昼飯食って空港へ向かうつもりで入館しました。
空港行きのバス発車ギリギリまで滞在して「もっと見たい~」と泣きながら出てくるハメに陥りました。もちろん昼飯抜きです。

PA0_0085.jpg

楽器博物館 外観。この建物の1階と2階だったか、そんなかんじで2フロア分が楽器博物館だそうです。


KC3P0693.jpg

エントランスの前に展示されているこれは、大砲かと思ったら楽器でした。タイの太鼓だそうです。


KC3P0222.jpg KC3P0220.jpg

2階はアジアの楽器のエリア。うま年のせいか、馬頭琴がめだつ位置に展示されてました。
モンゴルにはこの馬頭琴の他、馬以外の動物の頭のついてる楽器も結構ありましたが、ピンボケでUP断念。


KC3P0233.jpg

これは何を映したかったかというと、画面の真ん中を横切っている棒のような長い楽器です。


KC3P0236.jpg KC3P0237.jpg

アジアの弦楽器・管楽器。のあたりはたぶん中国。


KC3P0238.jpg KC3P0240.jpg KC3P0251.jpg

左:口琴の仲間。ムックリもあったけどうまく映りませんでした。
中:三鈷かな?
右:中国のシェン。笙の先祖かと思われ。


KC3P0252.jpg KC3P0253.jpg

左:ビルマの竪琴。
右:銅鼓。『孔子暗黒伝』にこんなの出てきたよな確か。


KC3P0254.jpg KC3P0257.jpg KC3P0258.jpg

左:もはやどこのものかわからず。
中:これは多分ウード。
右:ってことは、このあたりは中近東の楽器かな?


KC3P0287.jpg KC3P0288.jpg

左:バリの竹琴、ジェゴグの装飾。
右:ジェゴグの楽器部分。


KC3P0289.jpg KC3P0301.jpg KC3P0302.jpg

韓国の楽器は、足元の動物がかわいかったです。


KC3P0312.jpg KC3P0317.jpg

このへんからインド。


KC3P0321.jpg KC3P0324.jpg

楽器の他、楽器を演奏してる人とか神とかの像なんかも展示されてました。左は吉祥天でしょうか。


KC3P0327.jpg KC3P0328.jpg

像かと思ったら……楽器だった。


KC3P0329.jpg KC3P0330.jpg

これは愛らしさに悶絶。


KC3P0333.jpg KC3P0334.jpg KC3P0337.jpg

またバリに戻ってガムラン。


KC3P0340.jpg KC3P0341.jpg KC3P0342.jpg

ここはミャンマーの打楽器。


KC3P0344.jpg KC3P0346.jpg

日本の楽器コーナーに突入。右は雅楽の琵琶。


KC3P0349.jpg

琵琶型の楽器の伝播を解説するコーナーいきます。


KC3P0350.jpg KC3P0351.jpg KC3P0352.jpg KC3P0353.jpg

左から、ヨーロッパのリュート、中近東のウード、中国のピパ、日本の琵琶。


KC3P0355.jpg

ワタクシてっきり、ウードが全部の原型で、
西に伝播してリュートになり、東に伝播してピパ・琵琶になったと思ってたんですが、
実は現存しないペルシャの楽器バルバットが共通の祖先のようです。
バルバットが西へ伝播してウード・リュートに。東に伝播してピパ・琵琶に。
ミッシングリンクっすね。深い!


KC3P0356_20140218230641edc.jpg KC3P0362_2014021823064349a.jpg KC3P0370.jpg

左:尺八。虚無僧の人形がちっちゃくてかわいい……
中:薩摩琵琶か筑前琵琶か平家琵琶か不明。楽琵琶以外は撮った写真のピンボケで表示までは読めませんでした。
右:三線。


KC3P0390.jpg

水琴窟もありました。


KC3P0394.jpg KC3P0395.jpg KC3P0397.jpg KC3P0398.jpg

国産洋楽器です。左から手風琴、進軍ラッパ(?)、大正琴、マンドリン。
マンドラはありませんでした……orz


KC3P0401.jpg KC3P0402.jpg

体験コーナーです。ここが熱い!


KC3P0404.jpg

馬頭琴。もちろん弾きました。


KC3P0403.jpg KC3P0410.jpg KC3P0412.jpg

KC3P0414.jpg KC3P0417.jpg KC3P0418.jpg

KC3P0421.jpg KC3P0422.jpg KC3P0424.jpg

KC3P0427.jpg KC3P0428.jpg

KC3P0430.jpg KC3P0431.jpg KC3P0433.jpg KC3P0436.jpg KC3P0544.jpg

アジア楽器コーナー、体験楽器コーナーを経由して、いよいよアジア以外の世界の楽器コーナーへ。
ヨーロッパの弦楽器をメインに見るつもりが、オセアニア楽器コーナーというトラップにハマる。面白すぎ。


KC3P0439.jpg

やっとヨーロッパ。弦楽器見るぞ~! と思ったらアドルフ・サックスのサキソフォンがたちふさがる。


KC3P0443.jpg KC3P0449.jpg KC3P0450.jpg KC3P0451.jpg

左:きました、弦楽器!
中・右:リラギターかな。装飾部分の楽器としての不要っぷりが、ディ・モールト、良し!


KC3P0453.jpg KC3P0455.jpg KC3P0459.jpg

左:オカリナって17歳だかの少年が発明したってはじめて知った……。
中:ピッチ・パイプ。ピコ・パイプ。
右:じつはリコーダーは好き。


KC3P0460.jpg KC3P0461.jpg KC3P0463.jpg

KC3P0464.jpg KC3P0467.jpg KC3P0472.jpg

KC3P0476.jpg KC3P0477.jpg KC3P0473.jpg

KC3P0468.jpg KC3P0469.jpg KC3P0470.jpg

左:オセアニアやアフリカほどではないですが、ヨーロッパも古い楽器はインパクト大。
中・右:セルパンという楽器名は、フランス語で蛇のことだそうです。


KC3P0488.jpg KC3P0489.jpg

KC3P0490.jpg KC3P0493.jpg KC3P0497.jpg

弦楽器の展示に来て、そういえば弦楽器見るはずが浮気してたことに気づく。


KC3P0502.jpg KC3P0505.jpg KC3P0506.jpg KC3P0508.jpg

KC3P0509.jpg KC3P0510.jpg KC3P0512_20140219201649038.jpg

バラライカは三角だぞ~♪ って武満徹の歌にありましたっけ。


KC3P0529.jpg KC3P0530.jpg KC3P0532.jpg

右:キットとかポシェットとか呼ばれる、携帯用バイオリン。


KC3P0533.jpg KC3P0537.jpg KC3P0538.jpg

左:ストローバイオリン。蓄音機の原理を応用したアルミニウム製の共鳴胴がついてるそうです。


KC3P0515.jpg KC3P0519.jpg KC3P0614.jpg

左:ハーディ・ガーディかと思われる。
中:エオリアン・ハープ。
右:ツィター。


KC3P0546.jpg

カホン。ここからアメリカかな?


KC3P0548.jpg KC3P0556.jpg KC3P0559.jpg KC3P0560.jpg

アメリカの楽器は、ほとんど南米のものでした。


KC3P0562.jpg KC3P0565.jpg


KC3P0569.jpg KC3P0570.jpg KC3P0571.jpg

マヤの楽器。


KC3P0572.jpg KC3P0573.jpg KC3P0574.jpg

アステカの楽器。


KC3P0577.jpg KC3P0583.jpg KC3P0584.jpg

ここからアフリカ。アフリカの楽器すごい。アフリカの楽器衝撃的。


KC3P0586.jpg KC3P0587.jpg KC3P0588.jpg

KC3P0592.jpg KC3P0596.jpg KC3P0600.jpg KC3P0601.jpg

KC3P0602.jpg KC3P0608.jpg


KC3P0620.jpg KC3P0623.jpg KC3P0624.jpg

これはバグパイプの伝播についての展示だったと思います。
バグパイプっていうとスコットランドのイメージでしたが、ギリシャとか東の方から伝わったものだそうです。


KC3P0626.jpg KC3P0627.jpg

こちらは「人間は動物の様々な部分を楽器に使ってきました」展示。


KC3P0631.jpg KC3P0633.jpg

……の中に、人間の大腿骨とか、人間の頭蓋骨を使った楽器がさりげなく置いてあります。いずれもチベット。


KC3P0641.jpg KC3P0651.jpg KC3P0652.jpg


鍵盤楽器は華麗にスルー、と思ってたけどハマりました。

KC3P0656.jpg KC3P0669.jpg KC3P0671.jpg

このあと、電子楽器のコーナーも見たのですが、慌てて撮った写真はすべてピンボケでした……。

写真撮影フリー。
まだまだ見たいスペースがいっぱいありました。また絶対行くと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bymboli.blog103.fc2.com/tb.php/323-c69ba7a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。