上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気楽アイスクリーム」は、おそとでアイスクリーム♪ といった雰囲気の楽しげな曲です。
いけやんの曲は、何曲か日本マンドリン連盟の会誌にスコアが載ったので、今までにも他団体に弾いてもらう機会があったのですが、その中で一番よく弾かれているのが「お気楽アイスクリーム」です。(この記事を書いている日の前日である2月18日にも、兵庫県で行われたコンサートで、シルフィーズさんという団体が、この曲を演奏してくださっています。)
個人的には、「青の時」とか「neutral」の方が曲自体のデキはイイのではないかと思うのですが、そこは曲名のとっつきやすさなのかなぁ、と思います。ぱっと見て「neutral」って曲と「お気楽アイスクリーム」って曲があったら、まず弾いてみようと思うのは「お気楽~」の方だと思います。それで弾いてみたら可愛い曲だし、やってみよう、ってことになるんじゃないかと。

今回のマンドリン四重奏演奏会で「お気楽アイスクリーム」を弾いてくださるのは、ベテランで(すくなくともサッポロローカルでは)実力派のアンサンブル、ト○ワ・クプルスさんです。
ややこしいフレーズも軽々と弾かれます。すごくうまいです。
とても素敵な演奏でした。
また、仲間の作った曲が他団体で演奏されるのを聴くのははじめてだったのですが、予想以上に感動しました。

ビジュアル的には、1stマンドリンの方が首を左右に振ってリズムをとっていたのが、非常に可愛らしくて印象的でした。
端的に言うと、
「オッサン萌え~~~~~~~!」
という感じです。(スミマセン)

ト○ワさんの演奏で1ステージは終わり、5分の休憩の間に我々は楽器の片付けに入りました。
しかし、着替えたり荷物をまとめたりと、楽屋で意外と時間を食った結果、

というか、いけやんのチュールのスカート(白いスカートの上に重ねる cf:コチラの写真)を、ぴよが戯れに穿いてみたのを、幾狭が戯れに撮ってみたりした結果、

ぴよ(モザイク加工済み)←証拠写真

客席の入り口に駆け付けたときには2ステージの最初の演奏、高校生たちによるアマディの「ホタルの踊り」(←ものすごく好きな曲)が既に終わり、次の札幌マンド○ン倶楽部低音研究室によるボロディンの「ダッタン人の踊り」(←めちゃめちゃ好きな曲)の演奏が始まってしまっていました。

本来なら演奏が終わるのを待って客席に入るべきなんですが、そして普段ならそうしているのですが、
他の客席入り口では二重になっている扉が、この日入った2階席の入り口ではなぜか二重になっておらず(片方が開きっぱなしになっていたのだろうか?)、扉と扉の間で待機するつもりが思い切り曲の最中に入ることになってしまいました。
2階の一番奥の席なので、演奏者の目には入らなかったとは思いますが、その近辺の席のお客さんにはご迷惑をおかけしたしました。スミマセン。

このとき、ぴよのおなかが空腹で派手に鳴っていたという話でした。
どれくらい派手かというと、本人だけでなく隣の席にすわったいけやんの耳にまではっきりと聞こえるくらいだったそうです。
後ろの席のワタクシにまでは聞こえなかったので、周囲のお客様には迷惑をかけずに済んだのではないかと思います。

マンドセロ二重奏版「ダッタン人の踊り」は、演奏している低音研究室の方の編曲でした。
本来は大編成の曲を二重奏でやるわけなので、冒頭の非常にポピュラーな美しいフレーズのところだけアレンジしてやるのかなぁ、と思っていたら、最後までやってくれました!
うろ覚えですが、この曲の冒頭から出てくるメロディは、汗(ハン)の美しい女奴隷たちが遠い故郷と自由を恋うる切ない歌で、中間から入ってくる激しい部分は、ポロヴェツ人(※ダッタン人は誤訳。でも語感がかっこいいから曲名としては「ダッタン人の踊り」の方が好きだ。)たちが偉大なハンを讃える勇壮な合唱です。
それぞれに味わいのある二つの違ったパートが交錯しながらクライマックスに突入し、ラストで派手に弾けるところがこの曲の魅力ですので、最後まで弾いてもらえたのが非常に嬉しかったです。
後半の「楽器2台でよくここまで!」というあたりは生で聴けたのですが、冒頭を聞きのがしてしまったのが残念。
演奏会CDの届くのが楽しみです。

低音のマンドセロ二台による二重奏の直後に、高音のマンドリン二台による二重奏をもってきたプログラムは、意図的なものなんでしょうか。
すごいギャップで面白かったです。

あるで○て(←グループ名)のお二人は、「これぞマンドリン!」という感じの繊細で美しい演奏を披露してくれました。
特に、吉田剛士の「マンドリン0.024ppm」は、あるで○てらしさが出ていて素敵でした。

次のエスペラ○サも、この演奏会の常連です。
やはり繊細な、ギター二重奏を披露してくれました。
我々より少し上の年代の女性グループで、その年代と「クラシックの演奏」にふさわしい、上品で格調高い服装でお洒落にキメてくれるのも、毎回の楽しみの一つです。

2ステージのラストの、DUO・SH○DA(←あまり伏字になってない)さんは、ご夫婦での出演です。
演奏もさることながら、お二人とも容姿端麗で、目が釘付けです。って、どこ見てんじゃワタクシ。
今回のジブリメドレーは、ダンナさんの編曲でした。
ト○ワ・クプルスさんもそうだけど、こういうふうにずっと夫婦で合奏を続けられるんなら、結婚というものにもそれなりに楽しい側面もあるんだろうな、と思います。


おぅわ~~~!!
今、最後まで書き終わったのに、保存しようとした瞬間になんかの拍子でここから先が消えた!!
しかも今日2回目なんだけどこれ!!
(※さっきは、「ダッタン人の踊り」について詳細に語った部分がまるまるデリート。書き直す気力が尽きて放置。)
なんの呪いだ~~~~~~~~~~~~~!?
ワシの2時間返せ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!


失礼しました。あらためまして。
(うう~~、書いた内容が思い出せねえよぅ~~しくしく


今回は、高校生のグループが4つ出演し、いずれもアマディの曲を演奏しました。
3ステージの「ベルガモ」「アンダルシアの唄」は、いずれもはじめて聴く曲でしたが、素敵な演奏でした。

出番の関係で聴けなかった1ステージの「プレクトラム讃歌」と2ステージの「蛍の踊り」は、いずれもお気に入りの曲であることもあり、CDで聴くのがとても楽しみです。

高校生の演奏は、若い感性と毎日でも練習ができるブカツという環境もあってか、以前から上手だとは思っていたのですが、年々レベルが上がっているように感じます。人数も充実しています。
そして、今回のアマディ尽くしの選曲。

これは、先輩たちのかっこいい演奏を聴いて「自分も弾きたい」と入部する人が増え、さらにレベルが上がるとさらに「自分も弾いてみたい」入部希望者が増えて、またレベルが上がる、という良いサイクルにあるということではないかと思います。
また、ポピュラー音楽や有名なクラシックなど、メジャーなお気に入りの曲をのアレンジをマンドリンで弾くことが入り口だった人も、続けているうちに最初からマンドリンのために作曲されたものの良さを知っていったのではないかとも思います。アレンジものを弾くのも楽しいのですが、やはりマンドリンで合奏してもっとも良く響き、聴きばえがするのは、最初からこの楽器で弾くことを想定して作られた曲です。
それがあってのアマディ尽くしではないか、と想像する次第です。

とかいって、こんなの穿ちすぎで、ほんとは単純にセンセイの指示っていう可能性の方が高いですが。
というわけで、サッポロツ○サム高校マンドリン部の顧問のセンセイにおかれましては、ご指導お疲れ様です。
セイトさんたちは、廊下や控室等で会ったときも礼儀正しかったです。

高校生2グループの間は、○関楽器ミュージックスクールのセイトの皆さんでした。年齢的には高校生の2~4倍くらいの層の方々かと思われますが、たいへん初々しい素敵な演奏でした。
こちらのセイトさんや、1ステージの最初だったんで聴けなかった道新文化セ○ターの教室のセイトさんの発表があるのは、いいですね。
そういう、若い方やマンドリンをはじめてそれほど年数の経っていない方々が年々上達される様子も、この後に出演されたK’○さんや、アンサンブル○らさんのように長く楽器を演奏されてきた方の円熟の演奏も、ともに聴けるのがこの演奏会の良いところだと思います。

大トリのプ○クトラム○花さんは、たしか札幌プ○クトラムアンサンブルの各パート首席奏者で構成されたチームだったように記憶しております。
演奏曲目はファルボの「田園写景」。
さすが大人数を擁する老舗団体の選抜メンバーだけあって、すばらしい演奏でした。
というか、この曲が各パート1名の計6名で弾けちゃうんだ! すごすぎる!

ファルボの曲は、この「田園写景」と「間奏曲」くらいしか知りませんが、どちらも大好きです。
どちらも人数やパートが足りない関係で、我々Sound-Holeで演奏するのは難しいというか不可能というかですが、
「間奏曲」についてはワタクシの脳内で美しくイデア化されすぎ、現実に(自分の技量で)弾くと常にガッカリするというよけいなオマケまでついております。
しかし、技量を高め、人数を集め、いつか弾いてみたいと思っております。

演奏がすべて終わり、マンドリン連盟ほっかど支部の代表のえらいセンセイ(昨年の「隔離された良さ」発言の方と同一人物)のアイサツがありました。
その中で、この演奏会の3つの良さが挙げられましたが、ものすご~~く予想通りの3つめは「自作曲の演奏と、その曲の他団体による演奏」でした。
いけやんテレまくり。良かったねぇ。
仲間が忙しい仕事の合間を縫ってコツコツと作った曲が、マイナージャンルのローカル演奏会とはいえ、観客演奏者全員の前でこんなふうに褒められるのは、とても嬉しいです。

ワタクシごとを書かせていただくと(いやワタクシごと以外書いてないんだけどさ)、今回は足台をしっかり持参し、直前のトイレの後に社会の窓をしっかり確認してからステージに立ちましたよ。


最後に、文章内でもたびたびリンクをはりましたが、あらためていけやんのblogこの演奏会の記事にリンクさせていただきます。
それと、ウチの団体のblog当該記事にも。
この演奏会について検索をかけたら、うっかりこのblogに来てしまった(特に関係者の)方におかれましては、上記のリンク先に飛んでいただけると、ここよりはマトモな記事を読めるのではないかと思います。
スポンサーサイト
日本マンドリン連盟北海道支部主催「第41回マンドリン四重奏演奏会」に出てきました。

2012年2月11日(土)13:00開演、場所は北海道鍼灸専門学校かでるホールです。

当日出発だと、始発の特急でもサッポロ着が12時過ぎになってしまうので、前日のうちに出発しなければならないのに、前日の夕方からクミアイの会議が入り……と、なにやらデジャヴな日程でした。

幸い昨年と違って、この日はスキーの引率ではなかったので大丈夫だろうと思っていたのですが、
セートシドー系の飛び入りのナンタラカンタラが入って、会議に大幅に遅刻しました。

予定通り会議は長引き、隣席のジムカンが気を使って「列車の時刻は大丈夫ですか?」と小声で聞いてくださったのですが、遅刻した会議を途中で抜けるというのは相当イヅイものです。
結局最後まで出てしまいました。

その日、サッポロまで行ける最終の特急に乗れませんでしたので、最終の鈍行を乗り継いでアサヒカワまで出て、その日はそこで泊まることにしました。
アサヒカワからならサッポロ行の特急スーパーカムイが頻繁に出ていますし、時間も1時間20分ですので、午前中のリハーサルに間に合います。
結果的に、この選択でオッケーでした。
この日は大雪のため、イワミザワあたりで列車が不通になっていなのです。
もし土地鑑のないイワミザワとかタキカワとかそのへんで降ろされてたら、泊まるところも見つけられなかったかもしれません。

それはそれとして、会議終了後、夕食をとる間もなくバタバタと荷物をまとめて(←準備悪い)鈍行に飛び乗り、アサヒカワについたのが0時近くでした。
宿に着いてとりあえず風呂に入ったら、メシを食う店はとっくに閉まってます。
酒を飲む店で、つまみ程度のものを胃におさめ、列車で読みかけていた陳舜臣の『実録アヘン戦争』を読みながら(やめられないとまらない~♪)アードベックとボウモアを続けてストレートでやっていたら、バーテンさんに
「アイラモルトがお好きですか? 実は、メニューに載っていないんですが、面白いものがあるんです。」
と声をかけられました。
ぜひ、といただきましたところ、これが銘柄はっきり覚えてないんですが、たぶんラフロイグの、カスクでした。
アルコール度数が57%くらいだったのは覚えています。

んまかったぁぁ~~~♪

当然といえば当然、翌朝寝坊して朝食をとる間もなくバタバタと荷物をまとめて(←準備悪い)朝8時のスーパーカムイになんとか駆け込みました。

空きっ腹抱えてサッポロ駅に降り立つと、同じ列車で来ていたいけやんと無事に出会うことができ、彼女のおすすめのパン屋さんで朝食と昼食を購入しました。

会場に到着したら、まず朝食です。
いけやんは、朝食とった時間が早すぎた、というワタクシとは真逆の理由でおなかがすいてましたんで、二人で休憩部屋に行ってパンをかじりました。

その後、音出ししていい部屋で練習していると、例年は真っ先に来て練習してるはずのぴよが、我々より後にきました。珍しいことです。一瞬心配してたのですが、どうにかリハーサル前には、今回出演のSound-Holeメンバー3名が集まることができました。

同じ練習部屋で、他の団体さんたちも練習しています。
その中で、ト○ワ・クプルスのギター弾きさんが、楽譜を持っていけやんのところに来ました。
この日、ト○ワ・クプルスさんは、いけやんの作曲した「お気楽アイスクリーム」を弾いてくださることになってまして、曲について作曲者に意見聞きに来たんでした。
とても研究熱心です。
本番の2時間前なのがアレですが。

個人的に毎年楽しみにしている札幌マ○ドリン倶楽部低音研究室の方々が、個人的になまら好きな「ダッタン人の踊り」の練習をしていました。なまらの2乗たのしみです。
「ダッタン人、期待してます」と声をかけたら
「や~、プレッシャーかけないでくれ~」と苦笑いなさってました。

リハーサルも無事に済み、練習室ですこし合奏したあと、いけやんとワタクシは休憩部屋で昼食をとりました。朝のパンです。
ぴよは、あまりおなかすいてないし、練習したい、といって練習部屋に残りました。これはぴよらしい。
しかし、「あまりおなかすいてない」が気のせいだったことが、後で発覚することになります。

さて本番、

Sound-Holeの出番は、4番目です。

1曲目は、バルベラ作曲「Sonata a Duo Mandolini e Basso」(通称「ベルばら」)です。
いけやん1stマンドリン、ぴよ2ndマンドリン、幾狭マンドセロ、の三重奏。

二曲目は、いけやん作曲「雨やどり」です。
いけやんマンドリン、ぴよマンドラ、幾狭マンドセロの三重奏。

明るく元気のいい「ベルばら(通称)」を最初に、しっとり系の「雨やどり」を後に持ってきたのは正解でした。
勢いよく弾き始めることができました。

ベルばらの最終、3楽章目を弾き始めて、「なんとか大過なく最後までいけそうだ」と思っていたら、
客席前方のドアが開いて、ひとりのお客さんが会場内に入ってきました。
お客さんは、そのまま客席の最前列、われわれの目の前の席に、組んだヒザの上に肘をついて、身を乗り出すようにして腰かけました。

繰り返しになるようで申し訳ないのですが、演奏の真っ最中です。

ワタクシは、たいへん動揺して、一瞬♪を見失いました。
その直後、いけやんのメロディが、まるまる1フレーズ消失しました。

顔面蒼白、額にスダレ線がかかり、鼻からエクトプラズムを放出した状態で1曲目の演奏が終わります。

気を取り直して、2曲目。

雨だれの音を聞きながら、軒下で偶然出会った2人……

のはずが、

雨だれの音を聞きながら、生まれてきてごめんなさい……

になってしまったとしても、誰が責められましょう。


っていうか、責めていいですか。


どうにか自分たちの出番が終わり、ひみつのぬけみちを通って客席へ。
我々の次が、ト○ワ・クプルスさんの出番です。
いけやんの曲を聴くのです。

(続く)
明日、っていうか、今日。
2月11日(土)、サッポロのかでる2・7で行われる「マンドリン四重奏演奏会」に出てきます。

開演13:00

われわれ「Sound-Hole」の出番は、13:25頃の予定です。
今回は、マンドリン・マンドラ・マンドセロの三重奏です。
都合により、ワタクシはいつものマンドラではなく、低音のマンドセロで出ます。

曲は、
バルベラ「2台のマンドリンとバスのためのソナタ」と、
ウチの団体のいけやんが作曲した「雨やどり」
の2曲です。

今回は、我々Sound-Holeの次に出演する「トロワ・クプルス」さんが、いけやん作曲の「お気楽アイスクリーム」を演奏してくださいます。あわせてお楽しみいただければ幸いです。

雪祭り見物のついでに見てみようかな、という方は、
札幌市中央区北2西7の「かでる2・7」をのぞいてみてくだされ。

2012.02.03 愚痴です。
気分を下げたくない方は読まない方が賢明です。


現在、某チョーサショ作成作業進行中です。
冬休み中にコメント以外の部分の入力は進めていたのですが、
お察しの通り、「後回しにしたところ」というのはもちろん苦手分野だったりするわけです。

作った書類は複数のセンセイに回覧していただき、付箋がついて戻ってきたのを手直ししてまた回覧して最終確認、という手順になるんですが、
ワタクシ粗忽なうえに不慣れなもので(なんと、この年齢にしてジュケンセイのウケモチがはじめてだ!)、最終確認のはずのものにさらに付箋がついてきたりしてしまいます。

そんなわけで、時間がかかるのはワタクシの仕事が遅いのが原因なんですが、
言っちまうと、シンロ係のセンセイが非常に欠勤の多い方なのもそれに拍車をかけていたりします。

さて先日、我々のガクネンがスキーガクシュウで、引率のため職場を一日留守にする日があり、その前日の晩遅くまでかかってスイセンニューシ関係の書類の手直しを終わらせました。
当日朝早めに来て何人かのセンセイに意見を聞いて、もうすこし手直しして、スキーに出発する前になんとかプリントアウトして、シンロ係の先生に渡すことができたのです。

これで我々がスキーの引率に行っている間に他のセンセイたちに回覧してもらえるから、職場に帰ってきたらすぐ次の作業に入れる、今日中に完成だ、と安堵の溜息をついたのですよ。

ところが、シンロ係のセンセイはその書類を、回覧する予定のセンセイのうち、我々と同じガクネンであるセンセイの机の上に置いてしまったのです。
同じガクネン、ってことはつまり、一緒にスキーの引率に行くので、その間職場にいない人、ということです。

スキーから帰って、回覧されているはずのその書類を探したら、誰にも気付かれずに、一日無人の机の上に置きっぱなしになっていました。

気が遠くなりました。

「なんでまだ回ってないんだよ~~~!!」

という、ワタクシの絶叫を耳にしたセンセイたちが笑っていたのは、まあ半分は笑ってもらうために叫んだものだったのでいいんですが、
シンロ係のセンセイもそれを聞いて笑っていました。
どうも、自分がそこに書類を置いたことと、書類が回覧されなかったことの因果関係に、まったく気づいていないようでした。

とにかくその書類を、その時点でまだ退勤していないセンセイ達のところに持って行って見てもらいました。

その晩遅く、回覧から戻ってきた書類を手直ししながら、まだ残業してたキョートーセンセイとMちゃんに
「この書類、今朝すぐ回覧できるように必死こいて作ったのに、帰ってきたらスキーに行ってたセンセイの机上に置かれてて誰も見てなかったんですよ~」
と愚痴をこぼしたら、
キョートーセンセイは大爆笑の後、ちょっとマジメな顔で
「その席に置いたの誰さ?」
って聞いてくれて(うん、実は聞いてほしかったんですよそれ。)、
それを聞いたMちゃんも
「えええ~~~?! それヒドいですよ~~~~!!」
と言ってくれて、ちょっと気分がラクになったです。

こーゆーとき、誰かにコボすって大事なことだなぁ、と思いました。
気が済んだので、この件は終わり。
と、思われたのですが。

翌日、スキーから戻ってきたときには既に退勤されていたセンセイ達に書類をチェックしていただき、これを直したら終わりだ~、なんとか〆切に間に合って良かった~、と思いながら作業していたら、
まだワタクシがその仕事を終えていないのを見たシンロ係のセンセイに、

「明後日にはイッパンの分のチョーサショの〆切ですよ。大丈夫ですか?」

と言われました。

そろそろ暴れてもいいですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。