上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.30 昇格
今週の月・火と、職場でワックスがけをしました。

以前は、前任のコームホさんが何日もかけて奥様と2人で地道にやってくださってたんですが(ありがたいことに、奥様は無償で手伝ってくれてました)、コームホさんが腰を痛められてからセンセー方も一緒にやるようになったのでした。
しかし、全部の床をやると、1週間くらいまるまるワックスがけでつぶれて、夏休みにセートがいない間にすすめるべき仕事が全然すすまないため、去年から順番を決めて年に数部屋ずつかけることにしたのでした。
2日日程に短縮されてほっとしています。

作業は、ワックスがけ自体より、古いワックスをはがして洗い流す作業の方が面倒で体力も使います。
剥離剤かけて水撒いてポリッシャーかけて細かい部分はデッキブラシでこすって水をバキュームで吸って洗剤かけてポリッシャーかけて水撒いてバキュームで吸ってモップかけて、という地道な作業を繰り返します。

ワックスはがし用の薬剤は、けっこうヤバい感じにキョーレツです。
その上ですっころんだら(←滑るんだこれが)、薬剤のついた床でこすった腕がものすごくヒリヒリしました。

ポリッシャーは、慣れるまでは腕力が必要なので、主に男性の仕事です。
というか、現在この職場で、女性でポリッシャー扱えるのはワタクシだけです。
去年まで扱える女性がもう1人いたけど、転勤してしまいました。
他の女性もチャレンジしてましたが、スイッチ入れた瞬間に振り回されて「あ~れ~!」な状態になって断念してました。

汗だくになって作業してたら、GUNちゃんがタオルを貸してくれました。
ありがたくお借りして、向こう鉢巻にして作業を続けました。

休憩時間にそのままの格好でキョートーのおごりのジュースを飲んでたら、向かいの席に座っていた新卒の若者が、なにやら必死で笑いをかみころしていたのですが、ついに

「幾狭センセ~~~~~wwwww」

と、笑い出しました。

ワタクシがタオルの鉢巻を指して

「おっさんっぽいって言いたいんだろ~?」

と聞いたら、笑いながらうなずいています。

「サウナで隣でフツーに世間話してますよ~~!」

(※日本語訳:「サウナで隣に座ってる、フツーのオッサンのようです。ボクよくそういうオッサンと世間話するんですよ~。」)

あまりにも若者にウケてしまったので、翌日は汗止めにバンダナを持参しました。
さすがに向こう鉢巻ではなく、普通に額に巻いて後ろで結びましたが、
やはり休憩時間にGUNちゃんに、

「幾狭センセイのソレ、キョーレツでした~」

と言われました。

「アキバ系っぽい~ww」

「いや、ワタクシは自分では60年代のヒッピーみたいだと思ったんですが~」

「俺は80年代のジャニーズ系アイドルかと思った~」

「ショーネンタイとかオトコグミとか、ですよね~」

「え~オトコグミって知らない~」

「ほら、いたろ、ローラースケートに乗ってた!」

「それ、ヒカルゲンジじゃないですか?」



……というわけで、2日でオッサンからアイドルに昇格しました。

次回は豆絞りで攻めてみたいと思います。
スポンサーサイト
2011.07.27 猛母参戦
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
数日前、キョートーセンセイが突然「アキレス腱が痛い」と言い出しまして、本人それほどでもないように言ってますが、歩き方を見ると、あきらかにものすごく痛いようすです。

すみやかに病院にかかるように、それも地元の診療所ではなくて、すくなくとも最寄市(仮名)あたりの大きな病院に、という話をしましたが、「忙しいから」と言って地元の診療所に行かれました。

しかし、X線なりを使うわけでもなく、
「骨には異常はないようですが……」
とかなんとか自信なさげな見立てで要領を得なかったそうで、
「やっぱり幾狭センセイの言うとおりだった。古株の言うことは聞くもんだ。」
と、ぼやきながら最寄市(仮名)の病院で再受診されました。

結果、くだった診断名は、
「痛風」

本人びっくりしてましたが、驚きどころは

「痛風って、足の親指が痛むってイメージだったんだが!」

だったようです。

痛風になったこと自体は意外ではなかったというか、先日の健康診断の結果をひっぱりだして、
「ほんとにこの診断結果のとおりだな! 『尿酸値…要治療』だってよ!」
と、感心してました。

ほら、だいじょうぶじゃなかった……
(※2つ前の記事参照)

そして、一番気にしてたのが、ビールを飲めなくなることでした。

キョートー「幾狭センセイの大好きなヱビスなんて、俺もう一生飲めないな~。」
幾狭センセ「もともとエビスなんか飲んでなかったでしょう。かまど3つに仕送りで。」
キョートー「プリン体85%カットの発泡酒買ってきてガブ飲みするしかないわ~。」
幾狭センセ「いえあの85%カットってことは15%はあるってことですから。ガブ飲みすんな!」
キョートー「なんかもう、ビールだめかと思うと、晩飯つくるのももの憂くて、昨日は『きつねどん兵衛』で済ましたさ。」
GUNちゃん「いえあの『きつねどん兵衛』は痛風にはどうかと。」
キョートー「ダメかい?」
GUNちゃん「ダメです!」

部下におこられまくりです。

ワタクシとしては、今年度からウチのキョートーになったこのオッサンは、現在の職場に赴任してからはじめて出会った「当たり」の管理職なんで、体に気を付けて元気に活躍してほしいのですが。

本人至ってのんきで、尿酸を排出するためにいっぱい摂取しなければならないという水分をとりながら
「プリン体って、プリンとは関係ないんだよな? なんでプリン体って名前なんだ? まぎらわしいよな~。いったいどんな形してるんだろうな~。」
などとぼやいていますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。