上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.20 激震
非常に遅ればせで申し訳ありませんが、
被災地の皆様にお見舞い申し上げます。
連絡がつかなくなっている方の無事が一刻も早く確認され、
避難されている方々が、本来の生活を取り戻しますように。

当方、住んでいるあたりは震度1程度で、当日ワタクシはたまたま勤務が早く終わって(※直前から当日午前中にかけて激務だったため、午後早い時間帯に退勤許可が出た。)家で休んでたはずなんですが、ネットに上がるまで地震には気づきませんでした。
それも、ツイッターとかmixiボイスとかで、個別の「無事です」報告がワタクシにとっての第一報で、あまり広範囲なのに驚いてニュースサイトに飛ぶ、というなんだか変則的な知り方でした。
サッポロの実家はもうすこし揺れたようですが、特に被害もなく、老親に怪我もなく、
地震直後に一瞬連絡が取れなくなってた内地在住の弟の無事も、翌日には確認できました。

その後、弟が住んでる県でも地震があったのですが、それがきっかけで弟とメールアドレス交換しました。
それまで親経由で電話番号くらい知ってたけど、実際通話したの今回がはじめてでした。
元々あまり仲良くないったって(←お互い似過ぎててうんざり)、疎遠にもほどがあるよな、と反省……。

このように、ほぼ影響がゼロに近かった部類に入るのに、それでも気持ちは落ち込みます。
自分でも予想外でした。(←感受性の鈍さにかけてはちょっと自信がある。)
これで自宅にテレビがあって、津波の映像とかも見てたりする人は、もっとダメージ大きいのでしょう。
ワタクシにテレビを勧める方の意見で一番説得力があったのが
「災害があったとき、情報源はなるべく多い方がいいから、テレビ買いなさい。」
だったんですが、今回ちょっと「無くてよかったかも」って思ってしまいました。
隣席の同僚は、毎朝ニュース見るたびに泣いてるそうです。

実は、憂鬱の原因はもう1コ、地震のすこし前に職場でちょっとありまして。
一瞬仕事に対するモチベーションがものすごく落ち込みましたが、
震災後に振り返ればコップの中の嵐でした。
いやコップの中にいる者にとっては充分タイヘンなんですが。

結局なんなのよ、という感じのログになってしまってすみません。
色んなことが、まだ自分の中でも消化できてないです。
地震の翌日に日記書いたんですが、このログよりさらに支離滅裂なんで、非公開にしております。

次回は、もうすこしまとまった内容の記事に……なるといいなぁ。

とりあえず仕事します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。