上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.31 足利直義
リンクフリーなのをいいことに勝手にリンクしてしまいましたキリヌケ成層圏様に、ついに待望の足利直義の似顔絵がUPされまして、眺めているうちに衝動的に「NHK大河ドラマ『太平記』DVD完全版 第壱集・第弐集」をamazonに注文してしまいました。
先月も新しい楽器ケースを衝動買いしたばっかりだったのですが。
ああ、来月どうやって生活しよう……。

原作本である、吉川英治『私本 太平記』の直義の最期も、静かな悲しみに満ちていて非常によろしかったのですが、
NHK大河『太平記』の大幅に劇的に変更された直義毒殺シーンは、大泣きしながら見たもんでした。
いやもう、真田某も高嶋某(弟)も鬼気迫ってたというか、なんか憑依してたよあのシーン。

高嶋弟といえば、別の大河ドラマで豊臣秀長役もやってましたね。弟役がハマる体質なんでしょうね。
特に高嶋弟のファンというわけではないのですが(「わりと好き」程度)、豊臣秀長も好きな人物だなぁ。
堺屋太一の『豊臣秀長』も興味深かったですし、最近では山田芳裕のコミック『へうげもの』の秀長もいい味出してました。
なんといっても司馬遼太郎の短編集『豊臣家の人々』所収「大和大納言」の秀長の最期は、何度読み返してもしみじみ泣けます。
同じ司馬遼太郎の「馬上少年過ぐ」も良かったですねぇ。伊達政宗兄弟の顛末もやはり涙なしには語れません。

脱線したようですが、微妙に本題です。
どう迷走するかわかりませんが、多分要するにこの項は、ワタクシの「兄弟萌え」嗜好が主題となる予定です。
腐女子的な意味合いではありません……でもないか。じゃっかん腐女子要素もあるかもしれません。
(真面目に歴史のお勉強をしようと検索かけて、間違ってこのページに迷い込んだ方につきましては、よくわからん萌え話を延々と読まされて迷惑を被ったかと思いますが。大変申し訳ありません。)

豊臣秀吉・秀長兄弟のように、最後まで破綻無く協力し合うのもいいです。
『豊臣家の人々』を通して読むと、いかに秀吉の身内の男性に(支配者一族の構成員として)使い物になる人材がいなかったか、その分唯一優秀だった弟の秀長を、秀吉がどれほど頼りにし大事に思っていたか、ということが感じられます。
また、その兄にある意味都合よく使われ、ものすごいビンボーくじをひかされ、それに対して不満を感じなくもなかったにもかかわらず、兄の信頼に対して秀長がどれほど真摯に報いたかというのも。
秀長が先に死んでしまって、おそらくそこから秀吉がおかしくなってしまう(というか、多分秀吉のおかしい部分を秀長がカバーしてたんでしょうけど)ところなんか、たいへんな萌えポイントです。

逆に骨肉の争いみたいなのも大好物です。
源頼朝・義経兄弟なんかも物語としては非常に面白いですが、2人の接点が小さいため、やや萌え度は落ちます。

その点、「仲良し+骨肉の争い」と、兄弟萌え者として一粒で二度おいしいのが足利尊氏・直義兄弟です。
数百年前の人物なので、実際の兄弟仲がどうだったかは調べようもなく、歴史小説作者によっては最初から不仲という設定で描く人もいます。それはそういう設定でOKだと思います。
しかし、尊氏の清水寺に奉納した願文「自分は出家遁世したい、この世の果報は弟に与えて、弟を安穏に守ってください」が神仏へかけた願だったことや、天皇との避けられない決戦から逃避して出家しようとした尊氏が、代わりに官軍に立ち向かった直義の苦戦を聞いて「弟が死んだら自分が生きてても意味がない」と戦う決意をしたと伝えられることなどを考えると、ワタクシとしては「2人は仲良し兄弟だった説」を推奨したいです。
直義毒殺説も、有力ではあるけど確証は無い、といったあたりでしょうが、やはり毒殺と考えた方がストーリー的には盛り上がります。

(ついでにいうと、あまり描かれることのないマイナーな時代ということで、この時代の人物や事件が、さまざまな歴史小説作者によって色々な解釈をされるところも面白いです。某サカモトリョーマなんか、『竜馬がゆく』以降、どの小説・どのドラマを見ても、司馬リョーマの影響を脱しきれてない感じを受けます。それもそれはそれで面白いですが。)

1つ違いの同母兄弟で、生まれてすぐから一緒に育ち、同じココロザシを持って、戦場にあっては馬を並べ、あるいはそれぞれ軍を率いて連携し、大志を達成したあともそれぞれの得意分野を活かして結構長い間協力してやっていった、と解釈したい。
しかし、それぞれ配下に大きな勢力がつき、天下に対する2人のビジョンに違いが出てくると、必然的にこの二頭政治は破綻をきたします。
どちらかがどちらかを滅ぼさなければ世の中がおさまらなくなったとき、最初にチャンスを得ながら兄を殺せなかった弟。
だからこそ、勢力が逆転したときにすかさず弟にとどめを刺さなければならなかった兄。
このシチュエーションには、心の底から湧き上がってくるナニかがあります。

この兄弟の物語は、兄による弟の毒殺というクライマックスと、それに向けた兄弟関係の描写に面白さを感じます。

以下、ネタバレあり。注意。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.05.27 修行
先々週くらいの話になります。
このところ、平日は遅くまで仕事、休日はブカツのインソツやら演奏会の練習やら本番やらで多忙を極めていたのですが、エアポケットのような土曜日があり、その朝起きたらタイミング良くたいへん天気が良かったので、散歩のついでに走ってこよう、とジャージを着てでかけました。

なんでまた走ろうと思ったかというと、タイイクタイカイが近いのですよ。
そのなかの、さして重要ではない競技に「キョーショクイン・ホゴシャ対抗リレー」というのがあります。

一応ワタクシは見た目に反して駆け足が得意な方で、キョーショクインチーム内では戦力と期待されております。
なにしろ見た目に反しておりますんで、みなさんびっくりします。
そんな観客のリアクションが面白いとか、イイトコ見せたいとかいうのももちろんあるんですが、事前に走っておく主な目的は、「より速く」ではなくて「ケガの防止」です。

子どもの頃、陸上の跳躍競技やってまして、バランス悪く速筋ばっかり鍛えてしまったんで、もともとケガをしやすかったのです。
そのうえ日ごろの運動不足と加齢により、若い頃のようなスピードで走ると肉ばなれをおこす可能性があるのですよ。
セーブして走ればいいんでしょうけど、自分のことなので走り出すとムキになるのは目に見えております。

そんなわけで、ちょっと足慣らしです。
すぐには走りません。まず15分くらい歩いて体をあっためてから。
なにしろ運動中の細かいケガの多かった人間なんで、慎重です。

いつもの裏山を登りながら、どこで走ろうなぁ、と考えておりました。
走る場所自体はいくらでもあるんですが、なにしろ町内中知り合いみたいな土地柄なんで、そのへんを散歩したり走ったりサイクリングしたりすると誰か彼かに「センセイ、どこどこを走ってたしょ~」みたいなことを必ず言われます。
言われるからどうということもないけど、あまりにも常になんか言われるんで、可能なら人目につかないところの方がいいなぁ、くらいな感じで。

てっぺんまでいったところで、裏山の山の裏に続く道が目に入りました。
そちらは舗装されておりませんで、ほんとの山道です。
起伏があって走りにくそうではありますが、アスファルトより膝に負担がかからなかろうと思われ、また、人目が無いというのも魅力的に思われ、この道を走ることにしました。

とりあえず、15分くらい走るのが宜しかろうと思いましたので、10分走ったところで引き返して5分走り、あとは歩くことにします。
たいへんゆっくり走りますので、10分だと2kmくらい山奥に入っていくことになりましょうか。
これがなかなか、武者修行というか、むしろ忍者の修行か修験者の気分で楽しかったのです。

普段、この道を歩いていると、動物などが草木を揺らす音が聞こえて、一瞬熊の出現を疑ってちょっとばかりびびるのですが、自分自身が足元の草を蹴散らして走っていると、そんな微妙な音は全く聞こえません。
大変快適です。
雪解け水のみずたまりとか、折れ枝とかが道をふさぐこともありますが、気分は忍者なので気になりません。
自分の感覚ではかなり奥の方まで分け入って行ったわけですが、結局ケモノとの遭遇はありませんでした。

走り終えて、あとは家まで歩けば30分くらいだからいいクールダウンになる、と思いながらだらだら山を降り、公園脇のアスファルトの道を自宅へ向かって歩いておりました。

すると、行く手にながながと横たわっている、ヒモのようなものが目に入りました。
蛇でした。

最初、こちらに気付いたらしい蛇が縮まって、サイドワインダーのような重複S字の形になりましたので、一瞬真横にスライドして去っていくような錯覚に陥りましたが、さすがに普通に身をくねらせて前身して逃げていきました。
ちょっと追いかけたい衝動にかられ、公園内までついていったのですが、残念ながら蛇に詳しくないため、マムシなのか青大将なのかすら判断がつきかねました。
多分青大将だろうとは思ったのですが、もし予想がはずれて有毒蛇でしたらたいへんですので、つかんでみるのは諦めて見送りました。
せめてカメラをもってきていれば、写真に撮っておいて後で有毒か無毒か調べてみることができたと思うのですが、残念です。

ここ数回、ブログ記事に動物が出てくる展開になっていましたが、トドメは蛇かよ、という感じでした。
2010.05.15 モテ期
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ちまちまひっぱって申し訳ないですが、なんかPCなのかブラウザなのかサイトの方なのか、調子が悪くて、編集中にもおかまいなく勝手に閉じるんですよ、このところ。
こまめに保存すりゃいいんでしょうけど、文章書いてて興がのってくると、保存なんか忘れるもんです。
イイ感じで書き進んだところでいきなり閉じられると、ヤル気なくなるアルよ。

さて本題です。

と前置きしてしばらく書いたところで、また勝手に閉じやがった。
なまらあっついべや~~~~!(共通語訳:非常に腹が立つ~~~~!)

失礼しました、今度こそ本題です。

隣の集落の小山のふもとに到着すると、とりあえずヤチブキの群生地を撮影。
やちぶき2
なんか、去年の連休よりかなり残雪が多いです。
当時のブログの記事を読み返してみると、去年の今頃は例年よりかなり暖かかったらしい。
今年くらいが普通なのかもしれません。
その次の記事を読むと、去年の今日は既に桜が咲き、一昨年はさらに暖かくて連休中には開花していたらしいです。

ギョウジャニンニクは、去年ほどではありませんが、そこそこ採れました。
多分、数日後にはもっと生えているものと思われます。
ギョージャニンニクの師匠(この辺に住んでるセイトの母さん)の教えどおり、一枚っ葉のものには手をつけず、二枚っ葉のもののみ採りました。

その後、ふもとに戻ってヤチブキを採りました。
昨日は準備せずに行ったので手でちぎったのですが、今日はヤチブキの師匠(例の化石のコームホさん)の教えに従ってカッターを持っていったので、さくさく爽快に採れます。

用意のコンビニ袋に二袋分採って、帰路につきました。

往路に「なんかイイ感じに荒地っぽい風景だなぁ」と思っていた地点でカメラを取り出して撮影しようとしたところ、なにか大きな鳥がばさばさっとやってきて折れた木の上にとまりました。

猛禽1 猛禽2 猛禽3
どうやら、ワシタカ科の鳥のようです。
カラスの群れが落ち着き無く飛び交う中、つがいでどっしりと木に腰を据えて辺りを睥睨しておりました。
こんなん撮れるとは、僥倖です。

さらに走っていると、野っ原の方から複数の視線を感じます。
はっとそちらを見ると……

鹿の群れ1 鹿の群れ2

鹿の群れが、こちらにガンを飛ばしていました。
自転車から降りて、カメラをかまえても、じっと動きません。
しばらく撮って、牡鹿が真ん中近くにくる構図でそのへんの標識とかが写りこまない地点に移動しようとしたら、車が通りました。
鹿の群れは、さささ~~っと、車道から離れていきましたが、離れたところで立ち止まって、またこちらにガンを飛ばしてきます。
それも撮ってみましたが、ちょっと遠くなってしまって残念。車さえ通らなければなぁ。

やがて、鹿たちは、一列縦隊で整然と走り去っていきました。
鹿の群れ3 風景1
なんか、「野生の王国」みたいでした。
脳内を、あのテーマソング(♪ちゃ~~~ちゃっちゃっちゃっちゃら~~~♪)が流れていきます。

さらにこぎ進んで川べりの道にさしかかると、日が傾いてきました。

風景2 風景3

夕焼けの一歩手前くらいの時間帯で、辺りはもうすこし微妙に淡い薔薇色でした。
カメラの腕が悪いのでこんな感じの写真になってしまいましたが、幸せな気持ちで帰宅しました。
ヤチブキはゆでて水につけておき、ギョウジャニンニクもゆでて醤油に漬けました。

最終日は、連休明けの準備で仕事をしていたのですが、終わってから風呂上りのビールとともにヤチブキの酢味噌和えとギョウジャニンニクの醤油漬けを食しました。
美味かったです。
いい連休でしたよ。

~終わり~
... 続きを読む
今回は相手が鹿でしたんで、数十分の遅れ程度で無事に帰り着くことができました。

翌日の連休3日目、朝早く起きたら天気は上々でした。
2010/05/03雪解け状況
雪もだいぶ融けて、舗装道路はぼぼ乾いております。
いつもの山も、舗装道路だけでなくて遊歩道の方も歩けるようになってるかも、と思って行ってみます。
念のため舗装道路の方からのぼりましたが、今回は狐に遭うこともなく、無事に頂上までたどりつけました。
そのあと、遊歩道を通って山をくだっていると、谷一つ隔てた向こうでガサガサッと植物をかき分ける音が聞こえました。
谷一つ隔てていましたので、じゃっかんドキっとしつつも比較的冷静に「これはヒトか、ヒトくらいの大きさの生き物に相違ない」と判断し、もしヒトでなくて熊だとしても、それほど大物ではないはず……と自分に言い聞かせながらそちらを見ると、物音の正体は、でかい鹿でした。
やれやれ。

路面状態が良かったので、そのあと町内の自転車屋さんにメンテを頼んであった自転車を受け取りに行きました。
いよいよ今年の自転車生活開始です。

てはじめに、町内の隣の集落までサイクリングしました。
往復20km程度ですので、足慣らしに最適です。

行ったついでに、隣の集落にある博物館に寄りました。
なにしろ小さい町なので、こんにちはー、と受付に挨拶すると、やぁ、センセイこんにちはー、と返ってきます。
そうすると連休中の子ども向け企画のボランティアの方が、おっ、誰、誰? と覗きにきて、おやセンセイ、毎年ごくろーさん、と挨拶してくれました。
言われてみれば、毎年連休にここに来て、毎年このボランティアの方と会っています。
まさか、タンニンキョーシと受け持ちセートのとーさん、という関係になる日が来るとは、予想だにしていないことだったのですが……。

この日の収穫は、去年来たときには研究機関預かりになっていた、ある化石の実物を見られたことです。
ウチの職場の今は退職されたコームホさん(いわゆるヨームインさん)が発掘して、この博物館に寄付したものなのですが、新発見の生物というだけでなく、その時代にその種類の生物が存在していたことを世界ではじめて証明したという、ものすごく貴重な化石なのです。
ワタクシその発見者の方のすごいファンでして、職場内のファンクラブの会長を自称しておりました。

しばらく化石を見てまったりしたあと、同じ集落内の小山に向かいました。
やや遅い時刻だったので、山菜が生えているかどうか確認するだけのつもりだったのですが、ふもとの斜面の辺りにギョウジャニンニク、雪解け水の水溜りの周りにヤチブキが、既に群生していたので、すこし採って帰りました。
すこしといっても、一人暮らしの夕食の副菜には十分です。
ヤチブキは味噌汁の具にし、ギョウジャニンニクは炒めて食しました。
たいへん美味かったです。

翌4日は、たいへん天気が良かったので、早朝から散歩しました。
近所の公園の池の周りに美味そうな綺麗なヤチブキが咲いています。
空 やちぶき1
しかし、極端に交通量が少ないとはいえ、車道に面している場所ですので、多少は排ガスをかぶっているだろうと、写真だけ撮って山菜は採らずに帰りました。

そうなると、隣の集落の小山に行きたくてうずうずしてきます。
山菜が待っているのです(←気のせい)。
さっそく自転車にまたがると、昨日油断してズボンの下にサイクルパンツをはかずに20km走ったのがわざわいし、ケツが痛いことこのうえない。
やはりシーズンはじめは短い距離でもサイクルパンツが必須です。
自宅に引き返し、サイクルパンツを装着してから再出発しました。

~続く~
本稿を書くにあたって、去年の連休のときのログを見てみたのですが、かわりばえしないなぁ。
今年も、基本地元満喫でした。

じゃっかん違ったのは、去年は連休中にカテイホーモン先の確認に自転車で回ったのですが、今年は同じウチに行くことになるのでそれをしなくて良かった点と、
今年は5月23日にサッポロで行われるマンドリン音楽祭の独奏・重奏部門に参加することにしたので、連休初日は練習にのためサッポロに行ってた点です。

今回、所属の団体「Sound-Hole」のメンバーで参加できるのがワタクシをふくめて2名だったので、別グループの1名と合同で、マンドラ三重奏などを弾きます。
曲は、2曲。ワタクシ以外の2名がそれぞれ作曲したオリジナル曲です。
グループ名は「ドラの穴」。
5月23日(日)13:30~、札幌市教育文化会館 大ホールです。
出番は、第1部の1番目、という噂です。
御用とお急ぎでないサッポロ圏の方は、ぜひ見物にいらしてください。
以上、宣伝でした。

練習は夕方からだったんですが、1日3本出ている特急の2本目だと練習開始時刻に間に合わないため、朝一番の特急に乗らなければなりません。
これだとサッポロに昼くらいに着きまので、到着後に実家ですこし練習してから行くことにします。

自宅の最寄駅ホームで列車を待ってたら、駅員さんがやってきて、
「(隣村)駅と(隣の隣町)駅の間で土砂崩れが起こったため、列車が(隣村)駅で止まります。」
と、のたまいました。

血の気引きました。

そのあと、
「(隣村)駅から、(隣の隣の隣市)駅まで代替バスが出ますので、(隣村)以南へ行かれる方は、そちらをご利用ください。(隣の隣の隣市)駅から先につきましては、そちらでご案内いたします。」
と続きましたので、なんとかサッポロまでたどりつけそうです。

線路の復旧には2~3時間かかりそうだというので、代替バスを利用した方がいいのだろうか、しかし、重い楽器抱えて乗り換え乗り換え乗り換え、となるのは厳しいなぁ、せっかく連休で混雑するかもしれんと思って早々と指定席とってあったのになぁ。
と思いながら乗ってたら、(隣村)駅に停車したときの車内放送で、あと4~50分くらいで土砂が片付きそうな見込み、という連絡が入ったので、乗ったまま待ってることにしました。
結局、列車は1時間くらいの遅れでサッポロ駅に到着。ちゃんと練習に間に合いました。

18時~21時まで3時間びっしり3人で合奏練習をして、へろへろになりましたよ。
でも、メンバーのうちの1人は、別口の練習のガッシュクに向かって、これから長距離ドライブだそうです。
タフだなぁ……。
ちなみに、3名ともサッポロ市民ではありません。

その日は実家に泊まった(※帰りの最終列車は17時台)のですが、翌日の新聞には土砂崩れの記事が小さく載ってました。
その記事を読んだ母が、
「前に、あんたの乗ってた汽車が熊と接触して止まったときも、新聞に載ってたよねぇ」
と、懐かしそうに言ってました。
おかあさん、ワタクシそれ思い出したくないです……。

帰りの列車は順調に運行……と思いきや、自分ちの最寄駅までもうすこしのあたりで急ブレーキ。
鹿と接触したそうです……。

~続く~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。