上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始の近況報告書いてる途中でしたが、中断してこっち書きます。

本日は、いろいろ用事をたしにアサヒカワにでかけてました。

うっかり酒屋に入ったら、マッカラン買っちゃったよ。
だって地元の酒屋でシングルモルトったら竹鶴一択なんだもん。
いや竹鶴に不満はない。うまいよ。でも、一択なんだよ地元だと……(T▽T)
そして開封した竹鶴があるのにマッカランを飲み始めてしまいました。うまいよマッカラン。

んでもって、例によってマンガを大量に買い込んで帰りました。
現任地は前任地と違って、書店はあります。恵まれてます。
でも、発売日から4~5日経っても、『白暮のクロニクル』も『でぃす×こみ』も『アオイホノオ』も入る気配はありませんで。
用事を足しにアサヒカワに行っても、いつも半日は「ついで」のはずの書店にいたりします。

列車の中でそのマンガを読みながら帰ってきたのですが、
期待値の高かった『ペコロスの母に会いに行く』を最後にしたのは正解でした。
最後にしたおかげで、列車の中でなくて自宅で読むことになったため、列車の中で号泣せずに済んだわけです。
過去にたしか、『長い長いさんぽ』と『オーエンのために祈りを』だったかな、列車の中で泣けてきてどーしょーもなくて困ったことありましたけど、いやあれは恥ずかしいですよ。
それ以上に、心おきなく号泣するためにも、そーゆー本やマンガは自宅で一人でゆっくり読むのがよいです。

元々老夫婦ネタには弱いのですが、これは本当にキました。

『ペコロスの母に会いに行く』は、認知症になってグループホームにいる母を息子が描いているエッセイマンガです。
書評等でとりあげられる機会の多い話なので、知ってる方も多いと思いますが、著者の父は酒乱のDV夫でした。
酔って暴れ、幻覚や幻聴を見聞きし、妄想から妻に暴力をふるい、給料日に受け取った金を全部飲んできてしまうこともあったようです。
母が幼い著者兄弟を連れて実家に帰ったり、桟橋の上から身投げする寸前にこの世に踏みとどまったり、包丁を持って母を追いかけまわす父を著者が後ろから抱きとめて制止したりする描写もあります。
その著者も、20歳のときに両親から逃げるように故郷を捨て、そのすこし後には著者の弟も同じように上京してしまいます。
(このくだりに関わって、個人的に「この著者の人ただものじゃねーな」と特に強く思ったのが、横断歩道に関するエッセイでした。「アビー・ロード」のジャケットで横断歩道を渡るビートルズの4人を「ハーメルンの笛吹き」にたとえているんですが……詳しくは読みましょう。)

その家族の思い出は、認知症になった母の中で浄化されていき、
残るのは酔っていないときの夫と子供達と過ごした幸せな記憶、
訪ねてくるのは晩年になって酒をやめて穏やかになった亡夫。

もちろん、認知症になったことによる本人の不安や苦しみ、介護する人の大変さなども「あるけどあえて描写しない」姿勢をほのめかしつつ、徹底的に
「ウチがボケたけん父ちゃんが現れたとなら、ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」
が描かれています。

ちょっと感想が老夫婦の件に偏ってますが、じつは一番泣いたのは原爆の落ちた日に母の背中で死んだ姉のエピソードだったんですけどね。あと、10人きょうだいの長女で常に弟妹の子守に追われていた母の幼少時とか幼友達の話とかも印象深いですし、一番笑ったのは著者が高校生のときオナニーした後そのまま寝ちゃったのを母に見つかって「そんなカッコで恥ずかしい」という説教に「チイさかチンポして」がアイノテのように入るエピソードだったんですが、でもやはりお話の柱は「父と母」になるかと思われます。 

ワタクシは、苦労をともにした戦友のごとき共白髪の老夫婦に対してけっこう憧れを抱きつつ、でも途中経過の「ともに苦労する」ところの経験が必要ならその境地はいらない、晩年の孤独は受けいれる覚悟で自分のやりたいほうだいに生きたい、というスタンスで人生を送っており、「DV夫はすぐに切るべき」どころか「DV夫になるかもしれないし、伴侶など最初からいらない」「っていうか、むしろ自分がDV妻になる可能性がほぼ100%」なので独身でいますが、
そんなかで不安なのが年老いてからの健康と経済状態だったりします。
結婚という保険(※もちろんそんな打算ではなくて愛のある結婚をする人はたくさんいることはわかってますが、自分にはそーゆーものを期待してません。ワタクシには愛が無いですから、当然誰かから愛が返ってきたりはしないのです。)を放棄した以上、社会保障は信用ならない賭けですし(※それでも結婚して一人の配偶者と数人の子どもに賭けるのと比べればまだ確実性が高いと、年金制度の崩壊が見えてる今でも思ってます。)、死の寸前まで自立していられるよう、老後のお金と健康に気をつけて生活せねば、と思って……は、います……
(※冒頭で書いたように、ついつい健康に悪影響を与える酒に高い代価を払ってしまったりしますが。でもまあ、老後のことはできる範囲で気をつけるとして、今を楽しくおいしくすごすことはなにより大切なことです。)
ですから、ワタクシにとって「ボケないこと」「年老いても自分で自分のことを決める能力があること」というのは、自分の生き方の中での死活問題であるわけなんですが……

でも、もし認知症になってしまっても、認知症になったときに介護する人以上に本人がものすごく苦しいらしいことも聞き及びつつも、また認知症になって誰からも介護されない可能性も考えつつも、でも何かは残るのかもしれない、という希望が、このマンガの読後に残ったのです。

そのとき、ワタクシに何か残るものがあるとしたら、それはなんだろうか。
自転車で北海道中を回って、うまいものを食って、はじめて会う人といろんな言葉を交わした記憶だろうか。
騎馬武者になりきって馬を駆り、旅の歌詠みになりきって処女雪に蹄跡をつけた思い出だろうか。
仲間と奏でた美しい(あるいは美しくあることをめざした)音楽だろうか。
生徒たちと作った雪だるま、一緒に遅くまで残業した同僚たちと街にくりだして飲んだ酒、車にはねられて思いもよらずできた余暇に書き綴った大長編小説、友達のウエディングドレス姿、同業者になった日の父からの「後継ぎ」認定、合格発表の日にすごく仲の悪かったセンセイから満面の笑顔で言ってもらったオメデトウ、グリーンスポットのパフェとヤエヤマのタラコスパゲティ、校内記録会で優勝した走り幅跳びの賞状、母と二人で写生したコスモス、発寒橋の下のひみつきち、見知らぬ子どもと木登り競走したプラタナス公園、弟ばかり可愛がってワタクシと不仲だったという祖母が枕元に大事に貼っていた幼いワタクシの描いた弟の肖像画……

もしも、「あの人の人生って、何の意味もなかったね」って他人から言われたとしても、ワタクシは、なんか大丈夫な気がしています。
スポンサーサイト
いや、車に、って話ではなくて。
(それはまた別の。)

高校のころ、『ドカベン』の再放送がありました。

同級生数名と雑談してて、『ドカベン』の話題になったとき、ある女の子が言いました。
「わたしね、イワキのファンなの! ツウでしょ!」
ワタクシも『ドカベン』のファンだったので、嬉しくなってうなずきながら応じました。
「わたしは、ナカネが好きだな!」





…………



さっきと同じ位置に立っているはずの同級生たちが、やけに遠くに感じられました。

「イワキのファン」=「ツウ」
って言ってる時点で気づくべきでした………。
せめてトノマにしとけば良かった……。


えーと、なんでこんな昔の話を思い出したかというと、
一昨日、タイイクタイカイの片づけをしながら同僚の女性数名と雑談してて、
「あっちょんぶりけ!」が通じる人と通じない人がいたことが発端です。

そこから『ブラックジャック』の話題になり、
さらに『ブラックジャック』は読んでないけど『ブラックジャックによろしく』は読んだって人が数名いました。

Aさん「でも、途中で読めなくなっちゃったんですよ。精神……じゃなくて、え~と……」
Bさん「ああ、精神科のところ?」
Aさん「じゃなくて……精神発達遅滞の……」
幾狭「あ、産科のところ? 双子の片方がダウン症で……」
Aさん「そう! それそれ!」
幾狭「不妊治療してやっと授かった子だったのに、片方がダウン症だって知って父親が拒否るやつだよね。」
Aさん「……ゴメン、1回読んだだけだから、そこまで詳しくは……。」
Bさん「私も。1回しか読んでないから、ついて行けない……。」




…………




まるでワタクシは何回も熟読したみたいな扱いにされてしまいましたが、
ワタクシも『ブラックジャックによろしく』は1回しか読んでないです……。
そんなにヒかなくても……。


まあ、『ドカベン』の方はナカネの出てくる巻を中心に何度も読み返したんで、周囲の困惑もわからなくはないんですけどね。

ナカネというのは、主人公のヤマダやイワキたちと同じ明訓高校野球部の一学年先輩、もじゃもじゃの前髪が目にかぶってる背の高い一塁手です。打順は6番。
二学年上のドイガキ先輩たちの引退後、退部者やらケガ人やらで部員が足りなくなった時期に、途中入部してきたうちの一人でした。

入部動機は「野球部員が女の子にモテてるから」。

ナカネの意中の女の子がドイガキ先輩のファン、ナカネの友人の意中の女の子はサトナカくんびいき。
俺たちも野球部で活躍すれば、カノジョに振り向いてもらえるかも!
今なら部員不足でレギュラーになれるんじゃないか?!
野球部の合宿所前での、そんな会話を聞きつけたヤマダが、
「俺も女の子に囲まれて困ったよ。」
とダメ押ししたため、
「ヤマダ(のご面相)ですらモテすぎて困るんなら間違いない!!」
と、入部を即決したのでした。
なお、この時点でヤマダが妹のサチコ以外の女の子にモテている描写は存在しません。
ヤマダ策士。

稀にファールでねばったり、対戦相手のラフプレイ(土佐丸高校の走者に足を蹴られて落球した)を審判にアピールしたりと活躍(?)する場面はありましたが、基本的にナカネはモブです。というか、空気。
主人公のチームメイトで彼より影が薄いのは、まつ毛の長いイマガワ君くらいでしょう。

しかし。
ナカネがはじめて試合に出たとき、ポジションはレフトで左手にグローブをはめていました。
右投げです。

もちろん、人数が足りないからそこにいるだけ、な感じ。
フェンスギリギリでホームランになるか捕球できるかきわどい打球に精一杯手を伸ばして
「グローブに入ってくれ! 入ったら俺はスターだ!」
みたいなことを言ったのが唯一の見せ場でした。
もちろん球は入りました。グローブでなくてフェンスの向こうに。

その後、しばらくナカネの出番はありませんでした。

久しぶりに登場したとき、ナカネは右手にファーストミットをはめて、一塁を守っていました。
左投げです。

水島御大が、当初の設定(右投げ)を忘れていた(というか、そもそも設定してなかった)可能性はあります。
なにしろ水島御大なんで、その可能性は高いかもしれません。

しかし、ワタクシはあえて以下のように読みたい(鼻息)!


1、もともとのレギュラーがケガ等から復帰してきちゃったので、ナカネはベンチ要員に。

             ↓

2、レギュラーを目指して日々練習を重ねる中で、長身を活かせる一塁手へのコンバートを考える。

             ↓

3、一塁手なら左投げの方が有利なので、もともとの右投げから左投げへ、根性の転向。

             ↓

4、さらに途中入部のハンデをくつがえすほどの練習を重ねる。

             ↓

5、ついにレギュラー入り。不動の一塁手に。

             ↓

6、なんか引退してから急に「鉄壁の一塁手」とか言われだす。



こんな感じでいかがでしょうか。
本編には、2~4の部分の描写は一切ありません。
全くの脳内補完です。
というか、妄想ですね。あはは。



…………


あれ? なんか……世界が遠ざかっていくような………



…………





やっほ~………


…………


... 続きを読む
2011.05.24 大航海時代
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」第7部『STEEL BALL RUN』が完結した。
残念ながら雑誌連載では読んでいないので、まだ結末はわからない。
昨日、コミック23巻が届いたので読んだ。
近日中に、最終24巻も届く予定なのだが、早く続きが読みたくてものすごくじりじりする。

それなのに、先日発売されたウルトラジャンプでは、ジョジョ8部『ジョジョリオン』の連載開始だという。
4部の舞台だったS市・杜王町の話らしい。
もしかして再び彼らに会えたりするのだろうか、とか思ってやっぱりじりじりする。

3月11日、地震と津波のニュースを知った時、まさに4部を読み返している真っ最中だった。
リアルにたくさんの人が被害にあっているのに不謹慎だとは思うが、ニュースを見て反射的に「杜王町は……?」というのが頭に浮かんでしまった。なにしろそんなタイミングで再読していたものなんで、許されたい。
そうでなければ、「荒木先生のご実家は仙台だったはずだけど、ご家族のみなさんは無事だろうか」ということは考えただろうけど、さすがに「杜王町は? 露伴先生は?」などとは考えなかったと思う。たぶん。

で、先刻、jojoのファンサイトを見たら、8部は「震災後」の杜王町の話だという。

じりじりじりじりじりじりじりじりじり

結局どうしても我慢できず、ついつい「ネタバレあり」の感想blogで粗筋を読んでしまった。

がぎょ~~~~~~~~~~~~~~~~ん

やめとけばよかった。
なんでコミック出るまで待てなかったんだ。
ちゃんと荒木先生のあの絵で読んで、まともにカウンターくらいたかったよう~~~~
ワタクシのバカバカバカ~~~~

……というわけで、フテ寝します。
さっき、あらいものをしながらふと思った。

ブラックゴーストは9体のプロトタイプサイボーグをつくるにあたって、なんだってまたあんなに正義感の強い人間ばっかり9人選んじゃったんだろう。
たしかにBGの下っ端は、サイボーグに改造する被験体をスカウトするにあたってかなりランダム(というかいきあたりばったりというか)に選んでいたようだった。
その結果集まったのが偶然あのヒトビトだったのだろうか。
それとも、ランダムに人を集めると、9人くらいならみんな良心的な人になっちゃうぐらい、ヨノナカは良心的なヒトビトで占められているのだろうか。

なんにせよ、BGは被験体を選ぶにあたって、もうちょっとそれらのヒトビトのメンタル面が自分達の組織に適合しているか調査するべきであっただろう。


……ひさしぶりに書いたと思ったらこんなネタで失礼しました。
先日、出張(というか、某旅行行事)があったのだが、その旅行先での話。

夜、セイト達が一応寝静まったあと、同僚と二人で翌日の動きについてひととおり打ち合わせを終えてのことである。
(※たいへん小さい職場で、他にこの行事に随行したのは管理職1名のみだったので、実働部隊はこの2名である。)
同僚がふとこんな話をふってきた。

同僚「幾狭センセイ、『コンドールマン』て知ってる?」
幾狭「知ってる知ってる、主題歌歌えるよ! 悪役が印象的な話だったな。ゼニクレージーとか!」
同僚「うおお! ゼニクレージー懐かしい! いや、この地方で再放送やってるらしくて、さっき何の気なしにテレビつけたらやってたんだわ!」
幾狭「え~! しまった、見たかった!」
同僚「いやぁ、それでさ、俺、子どものころ夢中で見ててカッコイイと思ってたんだけど、今見たらすげーチープ! 悪の戦闘員がやっつけられるとこなんか、今だったら爆発したりとかするけど、あれだと紙に描いたのを切り離したみたいに真っ二つになるんだわ! 当時の特撮だとあれが限界なのかな。」
幾狭「うわ~、そこまで覚えてなかった! いやあ、見たかった! でもさあ、私がアレがチープだって気づいたの、子どものころだったよ。」
同僚「そーなの?」
幾狭「うんうん、最初はもちろんカッコイイと思って見てたんだけどさ。ある日、コンドールマンが敵の水攻めにあうんだけど、コスチュームが白いから、濡れて素肌が透けて見えるのさ。」
同僚「うわ! それ最低!」

ひとしきりげらげら笑って打ち合わせを終えた。
同僚は「いやあ、この話わかる人がいて良かった。」って言ってたけど、こちらこそ久しぶりに思い出して懐かしかったよ。
同年代って、こういうときいいよな(しみじみ)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。