上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.27 走れエロス
せんじつ、授業で『走れメロス』を読みました。

実はワタクシは、国語といっても文学ではなくて言葉自体(文法とか語彙とか表記とか)の方が専門でして、
論理的文章ならまだしも文学的文章のジュギョーはたいへん苦手です。

読み終わった後、物語の主題は物語が始まったときと終わったときの主人公の変化を見るとわかりやすいという話をし、
この物語のはじめとおわりでメロスの何が違うと思うか尋ねました。

わりと活発に発言するセイトの多いクラスなんですが、それでもはっきり正解が1つの問いかけには答えられても、自分の考えや感想のようなはっきりした正解のない問いにはためらいを感じるコがほとんどです。
この問いにも自信なさそうにぼそぼそ言ってる子が一人いただけだったんで、
いいこと言ってるよ、と励まして、大きい声で言い直させます。

セイト1「着てるか脱いでるか!」

センセイ「その通り。メロスは最初、服を着て登場するけど、走ってるうちに脱げていって、最後は全裸だよね。(セイト爆笑)このことは何を表しているだろう?」

セイト2「一生懸命走っていること。」

センセイ「そうだよね、なりふり構わず必死で走っているうちに脱げたんだよね。ここでさらに裏の意味について考えてみよう。服が脱げたことは、何を象徴しているだろうか。象徴と言うと難しいから、比喩でもいいかな。実は、服が脱げていくのは、メロスの内面的な変化と連動しているんだけど、どんな変化かわかる?」

……これでわかるチューガクセーがいたらすごい(※ゼロではない)、って自分でも思ってる発問なんで、ツッコミご容赦。結局自分で答えます。

センセイ「メロスは最初に登場したとき、『自分は正義感が強くて卑怯を嫌う、単純だけどまっすぐな男だ』と人から思われたがっていなかった? ところが、走っているうちに人からどう思われるかということがどうでも良くなっていくよね。そして全裸。」(セイト爆笑)

教科書を編集する側の解説によると、中2のコクゴキョーカショに「走れメロス」が掲載されるのは「14歳くらいで象徴的な表現が理解できるようになるから」なのだそうですが、現実問題としてフツーの中2にはハードルが高いので、ワタクシの場合はこんなジュギョーになってしまいます。しまいには、

「純文学だと、登場人物の感情とかが直接感情を表す言葉で書かれずに、背景の描写とかでなんとなくあらわされたりすることがあるんだけど、読みなれてそういうのに気付くようになるとラノベとかケイタイ小説の面白さとはまた違った面白さがあったりするよ。最初は人から解釈聞いてナルホドとか思ってるうちに、だんだん自分なりの読み方ができるようになってきたりするから。」

などと苦しいイイワケをして終わるわけなんですが、大半のセイトが聞き流している中、読書好きのセイト達が、

「あっ、なんか幾狭センセイがイイこと言ってる。」

ってマナザシで真剣にうなずきながらこっちを見てたりするのでちょっと良心が痛みます。

ごめんよ、ほんとは文学的文章については「はっきり書かれてる内容から外れない範囲で各自好きなように妄想して読めばいい」くらいに思ってて、君達のほとんどが仮死状態になる「用言の活用」の授業の方がワタクシの気合は入っているのだよ……。

あと、仕事のためでなくて自分の趣味で読んでるライトな小説でも「ああ、ココがナニナニの象徴になってるなぁ。」とか反射的に考えながら読んでいることにはたと気づいて「楽しみで読んでるはずなのになんでシゴトとおんなじことしてんだよワタクシ……」って微妙な気持ちになることとかあります。

さてさて、授業の最後にワークブックの問題を解く時間をとって机間巡視してたら、ある男子が隣席の女子を指して

「センセイ、またこいつエロいこと考えながら読んでたよ~。」

と、ちくってきました。教材が教材なんである程度予測はしていたのですが、

「そうかぁ。今回はどんな妄想?」

と彼女に尋ねてみました。

彼女「セリヌンテゥウス攻め。………………ぐふふふふ。」

………………そうきたか。
スポンサーサイト
2008.05.04 ざひょ~~
やぎさん

以前、じゃっかん腐りぎみな話題のときに登場したやぎさんの写真が撮れたのではっておきますが、ざんねんながら今回は出番無しです。

先日、ハイクのじゅぎょーをやっていて、ワタクシが「写生ハイク」と言うと目配せを交わすぼんずどもがいたのです。
わかりやすっ。と思ったのですが、ひとクラス全員がいる中では(当人達は平気でしょうが)そのテの話題を不快に感じるセイトもいるんでその場は流しまして、放課後そのぼんずどもを含む何人かのセイトと雑談してる折に指摘してからかっておりました。
「まったく、エロぼんずどもが~」
「エロぼんず言わんで~~!!」
と、当人達も含めてみんなで笑っていたのです。
その中に先日の日記に登場した腐女っこDちゃんもいまして、ぼんずどもに
「ほんっと、エロいんだから~」などと言っていました。
ワタクシが思わず
「君はヒトのこと言えんだろう。」と突っ込みますと、Dちゃんは
「え~~、でもでも~~」と、なにやら直線を描いて「一般のヒトがこの辺(直線の下の方)で、ぼんずAとかぼんずBとかがこの辺(直線の上の方)だとしたら、Dはどの辺?」と、訊ねてきましたので、
「君はこの軸上じゃなくてこっちだろう。」と、最初にDちゃんが描いた直線と直角に交わる直線を描いてその線上の点を指し示したところ、
「あ~~! そっかぁ~~~!!」と、
なんだかものすごく納得されてしまいました。
けっこう原点からは遠いところを示したんですけどね……
某部の女のコたちと車座になって弁当を食っているときでした。
一人のコが、別のコに問題をだしました。

セイトA「次に言う言葉とタイになっている言葉を言ってください。」
幾狭センセイ「いやそれ、タイでなくてツイだと思うよ。」
セイトA「えっ?! そうなのっ?!」

……これは本題と関係ないんですが思わず。
気を取り直して。

セイトA「次に言う言葉と対になっている言葉を言ってください。 上。」
セイトB「下。」
セイトA「北。」
セイトB「南。」

(中略)

セイトA「攻め。」
セイトB「……」
セイトC「守り。」
セイトB「……受け」
セイトA・D・幾狭センセイ「言っちゃったよこのコ~~~!!」
セイトE「????なに?なに?」
幾狭「いや、わかんないならわかんないままの方がいい。」
セイトA「わかんない方がシアワセだから。」
セイトD「そうそう、Eちゃんまで腐っちゃったら大変。」
セイトE「えっ?なに?なに?」
幾狭「そこで『守り』って即答しちゃうのもあやしい。」
セイトC「えっ? いや、私はBちゃんがなかなか答えないから普通に……」
幾狭「あ、そうか。普通そうか。スミマセン、ワタクシが腐ってました。」(←8○1ちゃんの読みすぎ)

(中略)

セイトB「それじゃ、この本借りていくね。」
幾狭「なんの本?」(カバーをめくって見る)

     『腐○子彼女』

幾狭「…………」
セイトD「センセイも読んでます?」
幾狭「……いや、これはまだ……。」
セイトE「え?なに?なに?」
セイトA「でもさ、私やDはすっかり腐ってるけど、Bも腐りかけだよね。」
セイトD「でもって、これ読んで月曜日にはすっかり腐ってるかも。」
セイトB「うん、これ読んで勉強してくるよ。」
幾狭「……しなくていいよ……」
セイトE「え~?なに~~?????」
セイトD「この辺に」(C・Eとその他のヒトビトの間を手で区切る)「境界線があるよね。」
幾狭「じみにワタクシこっち側なんすか?」
セイトA・B・D「こっち側です。」(断言)

地域の青年・Fさん(←ボランティアで部活の指導てつだってくれてる)登場

セイトA「ねえねえ、Fさんてヒツジかヤギ飼ってませんか?」
Fさん「んん、ヤギ飼ってるよ。庭の草刈り用に。」
セイトA「やっぱり~!」
セイトB「庭の草たべてもらうの?」
セイトC「天然草刈機だ~」
Fさん「そうそう。」
幾狭「乳とかは出ないんですか?」
Fさん「あ~、残念ながら、2頭とも牡なんですよ。」
幾狭「そうですか~、残念ですね。」
セイトD「繁殖して子ヤギとかは?」
幾狭「あ~、ほらD、発想が腐ってるよ。牡2頭なんだからさ~。」
セイトD「え? え?」(←なんか本気でとまどってるっぽい)
幾狭「……もしかして、そういう発想じゃなかった?」
セイトD「え? なんのことですか?」
幾狭「スミマセン、ワタクシのほうが深く腐ってました……」
セイトA「気にしないでセンセイ、Dは天然だから。」
幾狭「天然で腐ってるの?」
セイトA「そう。自分で気づいてないから。」
幾狭「そういうAはなんのことかわかってるんだな。」
セイトA「うん。」
幾狭「……もしかして、こんなかで一番腐ってるのはA?」
セイトA「そう。」
セイトE「え? なに?なに?」


と、いうできごとが本日あったのです。
いや、ほんとはワタクシは腐○子だと言ってしまうと僭称になっちゃうんだよな。
客観的に言えば「腐○子周辺」くらいのような気がする。もうちょっと精進せねば(←いやそれは精進の方向を間違っていると思う……)。

セイトの中にもかなり浸透してるようですが……いや「腐」でなくて、、ネットから発信されて書籍化された本のことです。ワタクシもそういう本はときどき買ってます。

『隣の8○1ちゃん』は、すごくたのしめました。しかし、あのマンガについて紹介したサイトとか見てると、けっこう「8○1ちゃんが萌えの状態になると、背中のファスナーから謎の生物が飛び出す」みたいに書いてるところがときどきあるんですが、読み違いだと思います。「謎の生物が8○1ちゃんの本体で、かわいい女の子は着ぐるみのような擬態」って、はっきり書かれているはずなんですが……。

『ぼく、○タリーマン』は、ちょっと痛い。でも読まさる。続刊でたらやっぱり買っちゃうと思う。

『今日の○川さん』は、コミック自体も楽しかったのですが、同じブログ上の別のマンガ『異○の群れ』とか、趣味の虫写真とかも心惹かれます。そして、○川さんのご友人の中では、国○寛子さんが他人とは思えません(とくに顔が……)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。