上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、「境界線」をUPいたしましたところ、それを読んでくださった遠方にお住いの友人から感想をいただきまして、話の流れでさらに彼女の体験談もうかがえました。
ご本人より許可をいただきましたので、そのお話もUPさせていただきます。

古都で学生時代を過ごされた彼女は、
当初、台所トイレ電話共用、銭湯通い、という絵に描いたような下宿に住んでいたのですが、
4回生のとき、就職活動にマイ電話が必要になりました。
山沿いの閑静な住宅街に建つ割と古い学生アパートに、フツーに暮らすうち、
春も過ぎ、暖かくなってきたある夜。

金縛りというか、明らかに誰かが身体の上に乗っかって彼女の首をしめている苦しい感覚で目が覚めました。
生まれて初めてじゃあ~! というキョーフの中、お坊さんがお経を唱えている声がはっきり聞こえます。
耳元で響くバリトンのお経………。
うわあ~~流石古都~~~と、わけわからんことが脳裏をかすめながらもキョーフ一色。
何とか身体をバタバタさせて、ふっと消えてくれた時は心底安心されたそうです。

「もう昔々の話ですが、
今まで長生きしてきて、これだけ鮮明な体験はこれ1度きりなので、未だに忘れることができません。
さまよってるお坊さんだったのかなあ……(怖)」

と、彼女は語ってくれました。


友人のお話に触発されて、ワタクシも幼少時に聞いた「古都の怪異」の体験談を思い出しました。

話してくださったのは、ワタクシが子どもの頃に通っていたピアノ教室の先生でした。

先生は古都の出身で、大正生まれのモダンガールです。
教え方はとても優しく……むしろ、とてつもなく優しく、先生が声を荒らげたりするのをワタクシは聞いたことがありません。
ナマケモノのワタクシは家での練習をサボり放題で、バイエル上下を終えるのに5年かかっていますが、
それでも辛抱強く、ワタクシが弾けるようになるのを待ってくださいました。
(ちなみにウチの親はときどきキレて、危うく薪ストーブでバイエルを燃やされそうになったこともあります。
が、ワタクシが高校2年生のときに自分からやめると言うまで通わせてくれたので、やっぱり親も辛抱強いです。
お月謝が格安だったとはいえ……。)

レッスンの記録帳には几帳面な細かい字でその日の練習曲やアドバイスが書かれ、
そこに毎回貼ってくれるご褒美シールは、先生がカッティングシートをハサミで切って作ってくれたものでした。
2センチ四方の枠におさまる小さなシールは、シルエットだけで様々なものの特徴をとらえたみごとな切り紙で、
繊細なその細工を、先生は下描きもなしに四角いシートから切り取っていくのでした。

おやつに先生のお庭で採れたトマトをいただいたとき、ガラスのお皿にフォークをそえられたくし切りのトマトの
表面の薄い皮がむかれているのを見て、ワタクシはびっくりしました。
この世にこんなに上品なトマトの食べ方が存在することを、たぶんはじめて知ったと思います。
ときおりうかがう若い頃の思い出話からも、おっとり優しいけれど自我の強さをうかがわせるお話ぶりからも、
先生がそ~~~と~~な「お嬢様」だったのだろうということは、小学生だったワタクシにも感じられました。

お父さん、お継母さん、お義姉さんとの4人家族の中で最年少だった先生の呼び名は「じょうじょ」だったそうです。
漢字をまじえると「嬢じょ」と表記するのでしょうか。
便宜上、この記事では「嬢じょさん」と呼ばせていただきます。

……ここからやっと本題「嬢じょの奇妙な体験」です。

嬢じょさんが女学生のころ住んでらしたお家は、借家ながら4人で住むには持て余すくらい広く、
古都に似つかわしい由緒正しいたたずまいの立派なお屋敷でした。
塀や門にも瓦葺きの屋根がついていて、渡り廊下でいくつかの部屋が繋がれた大きな母屋には中庭があり、

そこに小さな「離れ」が建っていました。

ある日、嬢じょさんは、普段は使っていないその離れに一人で泊まることにしました。
女学校の発表会の英語劇に出演することになり、家族の眠りを妨げずに夜遅くまで練習しようと思ったためです。

熱心に練習するうちに夜も更けてきたので、嬢じょさんは床につくことにしました。

しばらくうとうとしていると、どこからかかすかな声が聞こえてきて、嬢じょさんは目を覚ましました。
耳を澄ますと、その声が読経であることがわかりました。
布団に横たわったまま顔をもたげて辺りを見回すと、足元の方の壁際に、
数人の小坊主さんが並んで座り、一心にお経を唱える姿が見えてしまったのだそうです。

嬢じょさんは反射的に頭から布団をかぶり、耳をふさいで震えながらその夜を過ごしました。
もちろん、翌日からは離れで英語劇の練習をしようなどとは思いませんでした。

発表会も終わって、だいぶ経って、そんなできごとも忘れかけた頃、
嬢じょさんのお継母さんが、離れの片付けをしているうちに夜遅くなったので、そのまま床をとって泊まったのだそうです。

翌日、朝食の席で、お継母さんはふさいだ様子で家族に話をしました。

「昨日、離れに泊まったらおかしなものを見たの。小さなお坊さんが何人も、お経をよんでいて……」

びっくりした先生は、思わず

「嬢じょも見た!」

と叫んだそうです。

こいつはただならん……、
ということになって、お継母さんが大家さんに、自分と嬢じょさんが見たものの話をすることになりました。

お継母さんの話を黙ったまま聞き終えると、大家さんは一言だけ、

「やっぱり……」

と呟いたそうで。
お継母さんは、その瞬間、全身に水を浴びたようにざーっと鳥肌たった、とおっしゃっていたそうです。

その後、そのお屋敷から御一家が引っ越されてからの話なので、嬢じょさんにとっても伝聞ということになりますが、
そのお屋敷は取り壊されることになりました。

建物を片付け、建材を運び出し、更地にするために土を掘り返すと、離れのあったあたりから、

小さな頭蓋骨が、ゴロゴロと出てきたのだそうです。


スポンサーサイト
2015.03.21 境界線
自分の他に誰もいないはずなのに人の気配がする、気のせいだろうか? というのと、

自分の他に誰もいないはずなのに人の気配がする、うわぁ、なんかいるよ~! と感じる場合の、

境界線って自分なりにありますか?

ワタクシの場合、気配だけだと「気のせいだろうな」と思うんですが、
明瞭に音が聞こえたり、はっきり触ってるとか引っ張ってる感覚があったり、重さを感じたりすると「うわぁ、いる……」になります。

いや、あの、実際「いる」と信じてるかと問われると、100%信じてるわけではないというか、むしろ実はそっちも気のせいだろう可能性の方が高いとはアタマでは考えているんですが、あまり感触がリアルだったりすると、あれが「気のせい」だとしたらワタクシの頭の方がおかしいんだろうということに……
……いやまあおかしいんでしょうけど。
まず一般的に人間の脳が感じとることなんてバグだらけなんだろうし、さらに個別にワタクシの頭がおかしいというのは周囲の人にただしたらだいたい首肯されそうだしな。
でもまあなんというか、アタマでは「錯覚だろう」「リアルな夢だろう」と考えても、まったくの「気のせい」と断ずるのはキモチの方が釈然としない場合というのがあるわけです。

怖がりなんで(ブログのネタにはならない)「気のせいだろ」事案はときどきあるんですが、
実際「なんかいる」ようにはっきり感じることは、まずめったに起こりません(ので「やや怪談」カテゴリの更新は稀稀です)。

マクラが長くて申し訳ない、一昨日の晩に久しぶりにありました。

自宅で就寝中、というか、床に入ってから実際に睡眠に入るまでの間なんですが、ワタクシが寝ているベッドの周囲になんだかひたひたと、ひしめきあうようにいっぱい何かがいるような気配がしたのです。
ここまで、最初に書いた境界線の「気のせいだろう」側だったんですが、現在の自宅に住んでから丸二年、今までこういう気配もしたことが無かったもので、怖いといえば怖かったんですがそれ以上に「え? なんで?」という感じでした。
ところが、そのあと、そのひしめきあうようにいっぱいいる何かが、ひたひたとこちらへ移動してきまして、ワタクシがかぶっている掛け布団の上に登ってきやがりました。
怖いといえば怖かったというかストレートどまんなかにものすごく怖かったんですけど、それ以上に重かったです。

重くてなかなか身動きがとれない間に、なぜだか前回のこのブログの記事(ワタクシが結婚しないのは自分で決めたことなんだけど、なぜだかたいていの人はそう言っても理解できないようだ、って内容)のことを思い出し、
「ヨノナカの多くの人が単身であることを避けるのは、もしかしてこういうのが怖いからなのか?」
とか、なんだかどーでもいいことをちらっと考えました。あと、
「今日、なんだかよくわかんないコレが退散したとして、明日も同じこのベッドに寝るのか俺? まじか?!」
とか。
いや、主に
「重い~~~~! 降りろ~~~~~~!!」
と思ってる部分が9割で、残り1割のほとんどは
「怖い! 怖いっつーの!」
だったんですが、残り数%でいろいろ。
円グラフできそうだな。

しばらくして、やっとなんとかその重いのを体の上から振り落としまして、それで目も開いたからそのあたりを見回して現実に人なり熊なりが侵入して布団の上に乗っかっていたわけでは無いことを念の為に確認し、無理やり動いたら動けるようになるってことは金縛りの類なのかな? と思いつつ、そのまま寝ました。

それでたぶん、しばらく熟睡してたと思うんですが、
今度は重くて目が覚めました。
目が開いてなくて確認はできませんが、さっきの何か達が、既に上に乗ってます。
意図的にぎゅうぎゅう踏んづけてくるとか、上で踊ってるとかでなくて、ただじっとしてるだけなんだけど、ひたすら重い。
先刻のようになんとか振り落とそうと思うのですが、なかなか体が動きません。
もし金縛りとかだったら、声を出したら解けるという話もあったんで、なんとか声を出そうとしまして、
これもなかなか思うようには出てこなかったんですが、やっとなんとか

「オラ、降りろ!」

と、怒鳴りましたところ(どうしてこういうとき、もうすこししおらしい言葉が出ないんでしょうかワタクシは)、
体も動きまして、何かを振り落とすことができました。

目を開けて周囲を見ましたが、やはり現実に何かがいたりはしません。

しかし、明かりは消してあって目を開いたばかりなら、真っ暗でよく見えないはずなのに、
ずっと目を開けていて目が慣れているときくらいの感じで部屋のようすが見えたのは、よく考えたら不自然です。

やっぱり、「目を覚ましたこと」も含めて、すごいリアルな夢だったんでしょうか?
自宅の自分のベッドの上で「自宅の自分のベッドの上で寝てる夢」を見ていた?

一夜明けて、昨日の就寝時は「また何かいたらやだなぁ」と思いながら寝たのですが、
幸いなにごともなく、夜中に一度目を覚ましたときも、何かの気配は感じませんでした。
このまま単発で終わってくれ……。
2011.06.11 針とび
ヒザの件に気を取られてすっかり忘れていたんですが、
先日、現在の職場に転勤してきて以来はじめて、職場内でなにやら不可解な現象が起きましてございます。

タイイクタイカイ前、例によってひとりで残業しておったのですが、
ショクインシツの引き戸の窓を、誰かが通過したのが見えたのですよ。
ショクインシツ前の廊下を、正面玄関方向から来て、校舎の端に向かって移動していったようでした。

警備会社の人が巡回に来る時間帯はとっくに過ぎていましたし、警備の人ならショクインがいたら必ず引き戸をあけて挨拶していきます。
同僚なら、ショクインシツに残業している者がいるのに声をかけないということはあり得ません。
足音とかも聞こえなかったし、気のせいかなぁ、と思ってそのまま仕事してました。

しばらくして、また誰かショクインシツ前を通過していきました。
さっきと同じ方向(正面玄関方向から来て、校舎の端へ向かっていく)でした。

さすがに不審に思って廊下に出てみましたが、誰もいません。
ショクインシツ前から廊下のつきあたりまでの間の部屋で施錠していないのはショクイントイレだけなんですが、
トイレも灯りがついていなくて真っ暗でした。

妙だなぁ、と思いつつ、仕事を続行していたら、今度はショクインシツ前の屋外の方から、
なにやら音楽らしきものが聞こえてきました。

ご近所の住宅からは、ある程度離れたところに建っているので、そういった音楽らしきものが聴こえてきたことは今までありませんでしたし、このときは時間帯が遅くてご町内は寝静まっておりました。

そういう土地柄ではないんだけど、もしやワカモノ達がCDプレーヤーなど持参してタムロするという現象がついにこの町にも起こりつつあるのか? と思って窓から外を見てみましたが、
誰もいないというか、こんな時刻なので街灯すら消えており、ショクインシツ内でワタクシが使っている蛍光灯の灯りが窓から外に漏れている他は真っ暗です。
なにより、この町在住のワカモノは、たとえば深夜に屋外でタムロった場合、ケイサツに補導されたり親に怒られする以前にクマに遭遇する危険があることなど重々承知のはず。
もしちょっとぐれたりした場合でも、都会のワカモノのように深夜徘徊などするわけはないのです。

それにその音楽、よく聴いていると、傷のあるレコードが針とびしたときのように、
フレーズの途中から途中までの同じところを延々と繰り返しているようです。

今まで、この職場で怪奇っぽい現象を体験したことがなかったので、すっかりそーゆーのないガッコーだとばかり思っていたんですが、さすがにコレは物理的に原因を究明できる現象ではなさげだと気づきまして、
見なかった・聞かなかったことにして仕事を続行しました。

翌日、同僚のGUNちゃんに、ちらっとこの話をしましたところ、GUNちゃんも
「昨日、なんかホケンシツも変な雰囲気だったんですよね~」
と言ってました。
普段特になにも感じないんで、前日だけなんかあったのかなぁ、と思いました。

この日もやはり、遅くまで残業していたのですが、
やはり深夜、警備会社の人の巡回はとっくに終わったころに、
正面玄関方向から校舎の端に向かって誰かが通過しました。

いやぜってー気のせいじゃない!
と思って、廊下に出たら、ショクイントイレに灯りがついていました。
しばらく待っていたら、トイレから……コーチョーセンセーが出てきました。

「やーやー、幾狭センセー、遅くまでご苦労さん!」

とか声かけられて脱力。
トイレに入るまえに一声かけてほしかったもんですが、まあ、もしかしたら切羽詰ってたのかもしれません。

「コーチョーセンセー、昨日も今くらいの時間帯に、ここ通りましたか?」
と、きいてみたのですが、
「いや、昨日は来てないよ。」
とのことでした。

「昨日も誰かここを通ったなぁ、と思って廊下を見たんですが、誰もいなかったんですよ。」
「いやぁ、それは私じゃないな。キョートーセンセーじゃないか?」

いやあの、コーチョーセンセー。
キョートーセンセーは、昨日から今日にかけて出張でヨソの街に行ってますよ。

というわけで、
未解決。
2011.02.13 灰色の人
隣席の同僚の話です。
彼女はまだ20歳代後半で、見た目ちょっとクールな美人だけど、中身はシャイで可愛いおねえさんです。
仕事の方もそつなくテキパキやるし、誠実で人望も厚いのですが、この件についてはそういうことより「若い美人」ってとこがポイント。

先日、終業後に彼女を含む数人の同僚と雑談してて、身の回りであった怪談になったんですよね。
きっかけは、ワタクシ達も住んでいる町内の同業者用集合住宅で、特定の棟の人ばかりに集中して病気や事故など不幸な出来事が重なっているって話題だったんですが、そこから自宅での怪異の話に発展して。

そのとき、「そういえば」という感じで彼女が話してくれました。

「ここに転勤してきたばかりのころ、家の中に灰色の人がいたんですよ。」

今まであまりそういう系の話をしたことがなかった人なので、みんなけっこうびっくり。

「え? 灰色って……リトルグレイ?」
「いや、宇宙人とかじゃなくて。」
「実在の人っていうか、不審者?」
「いえ、そういうのでもなくて。気配っていうか……でも単に気配でもないんですよ。
たとえば、私が居間のソファとかに座ってると、
このへんに(自分のすぐ斜め前あたりの空間を指して)いるんですけど、
灰色の人が立っているのがはっきりわかるんです。」

なにそれ怖い……

「Gちゃん(仮名:美女らしくない仮名でスンマセン)、もしかして『見える』人?」
「いえ、霊感とか全然ないです。
普段そんなの見えない……っていうか、その灰色の人以外、見たことないです。」

よけい怖い……

「顔は見えないけど、初老の男の人です。最近見かけなくなったんですけど、ここに来たばかりの頃は、いつもいました。すごく怖かった……。」

そこまで聞いたとき、その話がワタクシの中で以前に彼女から聞いた別の話と突然リンクしました。

「それ、生霊だわ。」
「生霊?」
「前に聞いた『裏のおじさん』の! くそう、あのオッサン生霊までとばしてやがったか!」
「ああっ! そうか! 」
「初老で、来たばっかりのころ常にいて、今はいない。条件ぴったりでない?」
「そうだ、きっとそうです!!」

ワタクシとGちゃんは生霊説ですっかり盛り上がってしまいましたが、
向かいの席のおっさん同僚が『裏のおじさん』の件を知らなかったので、ここで説明。

「前にGちゃんちの裏の住宅に住んでたおじさん、Gちゃんのストーカーだったんですよ。」
「え~っ! そうなの?!」
「はい、たぶん……。最初は、よく挨拶されたり、おかずなんか持って訪ねてきてくれたりとかはこっちとしてはちょっと微妙だったんですけど、単に親切な人なのかなぁ、と。
でも、仕事が終わって夜帰宅すると、いつも玄関の前におじさんがいるんですよ。なんか待ってたみたいで。
ウチの台所の窓をあけると、裏のおじさんが居間の窓からずっとこっちを見てるのが見えるんで、夏でも台所の窓は閉め切ってました。
あと、裏の家から来てウチの窓の前をうろうろしてるらしい足跡がついてたり……。
すごく怖くて、引っ越したかったです。」
「なにそれ怖い! ホンモノじゃん!!」

おっさん同僚は、怪談とか生霊がどーのという話のときは微妙に左右不対象な微笑の表情してまして(←たぶん信じてない人)、むしろストーカー話が怖かったみたいです。
ありふれた話ですが、生きてる人間が一番怖い、です。

生霊の件は、おっさん同僚はともかく、Gちゃんは大納得でした。
実際にその推測が当たっているかどうかはともかく、Gちゃんにビンゴ認定してもらったのは嬉しかったです。

恐怖の中でも、正体がわからないものってのが最も怖いという話なんで、Gちゃんの中で
「謎の『灰色の人』は既に引っ越していなくなった『裏のおじさん』だった」
という方向で解決できてちょっとは良かったんじゃないかと……。

いや、やっぱり怖いか。
某月某日、週明けまでに済ませておくべき仕事があるのにダラダラ過ごして夕方から休日出勤したら、おとなりの学年のレクの日だったのでその学年のセンセイたち(3名)がいました。
ちょうど、これから肝試しがはじまるというタイミングでした。

肝試しコースは予定通り「そとまわり」で変更なし。
先日の「鹿の脚事件」の鹿の脚は、どこかよそから狐がひっぱってきたやや時間の経過したものだろうとの判定だったとはいえ、やはり心配ですので、その場所のはりつき担当はタンニンのξセンセイ(仮名26歳男性)です。
近くには「牛魂碑」と刻まれた石碑なんかもあるところです。

「ひとりで深夜残業は無理」なフクタンニンのμちゃんママセンセイが、
「きゃー、こわいこわい。」
と言って笑いながら茶化すと、ξセンセイは、
「霊の恐怖・プラス・熊の恐怖」
と笑いながら返していました。

μちゃんママセンセイは、そんな真っ暗いなところに1人で立ってるなんて
「こわいこわい! 絶対無理~!」
だそうです。

ξセンセイは、
「ぼくは、そーゆーの見える方なんで、かえって怖くないですよ。見えなければ『いない』ということがはっきりしてますから。」
と笑顔でおっしゃっていました。


ここまでが前置きで、以下、ξセンセイのお話。


今日みたいな感じで、夜の屋外に1人でいたことがあったんです。
暗い中に立っていると、ぼくの背後を大勢の人が通って行くんですよ。
でも、振り返っても誰もいない。
ほんの5~60センチのところで、草むらをかきわけて大勢の人が歩いていくザワザワって音がする。
草がかきわけられているのもはっきり見える。
でも、いくら目をこらしても、人の姿は見えない……。



以上、この項の本題でした。

淡々とした語り口が文章で表現できないのが残念です。

「や~っ! 振り返っちゃダメ~っ!」
っていう、μちゃんママセンセイのアイノテがおかしかったことも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。